GPS機能が搭載された犬用システムがアメリカで販売!

引用の出典元:www.youtube.com

アメリカはオレゴン州に本社を置くGarminは、2016年6月16日、GPトラッキングサービス「Astro 430」をアメリカで発売したと発表しました。なんでも、半径9マイル(約14.5キロ)の範囲であれば、最大20頭の犬を追跡することができるのだとか。 

ついに迷い犬たちをGPSで探せる日が来たのか!と喜んだのも束の間、これはあくまで猟犬や訓練犬のためのものなのだそうで、GPS機能が付いた特殊な首輪を犬に装着させ、レシーバーで位置を確認するタイプのもの。

お値段もなかなかのもので、レシバー単体で449.99ドル(約45,197円)、首輪型デバイス「T5」とのセットで649.99ドル(約65,286円)となります。 

これが日本で一般のペット用に発売されたとしても、なかなか簡単に買えるお値段ではないですね・・・。 

半径9マイル内の犬を20頭まで同時に追跡できるGPSトラッキングシステム -INTERNET Watch

実はあった!一般家庭のペット用のGPSシステム

引用の出典元:backerjack.com

これだけGPS機能が発達しているのに、なぜペット用のGPSが一般化されないのだろうかと思っていたのですが、探してみたら・・実は既にありました。

その名も「Where's Nellie」。

写真を見て頂ければおわかりのように、こちらも首輪として装着するタイプのもの。

引用の出典元:www.youtube.com

実は、ペット用のGPSは以前からあることはあったのだそうですが、GPSの問題は電池の消耗が激しいこと。それは携帯のGPSを使ったことのある方ならご理解できるかと思います。GPS機能を使った時は携帯の充電の消耗が早いですよね。それと同じ原理です。

ペットが迷子になった時に肝心の電池が切れていては、せっかくGPSを装着させていても何の意味もありません。

しかしこの「Where's Nellie」のバッテリは通常は必要最低限の電力しか使われておらず、なんと1年以上持つと謳われています。ペットが迷子になった時に本領を発揮できるというわけです。充電も非常に簡単で、コンセントに差し込むだけで充電ができてしまいます。

お値段も非常に良心的な149ドル(14,965円)、将来的にはバッテリーの交換が必要と考えられますがバッテリーの交換もたったの5ドルです。

しかしながら、お値段がドル表記になっていることからもわかるように、現在は日本では発売されていないようです。

日本では NTT docomoが「ペットフィット」というサービスを提供していたようですが、残念ながらサービスは2016年の8月いっぱいで終了してしまうとのことでした。 

まだまだペットのGPSは一般的に普及していませんが、将来的にアメリカだけのサービスだけではなく、日本でもサービスが開始されるかもしれませんね!

参照:迷子になんてさせない!電池が1年以上もつ犬用 GPS システム「Where's Nellie」 - インターネットコム

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Amy03
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード