爪切りでのトラブルを避けるために、犬の爪のことも知っておこう!

引用の出典元:shutterstock.com

犬の爪切りというと、多くの飼い主が「自分でなんて怖くて出来ない!」と言います。そのためトリミングの時に一緒にやってもらったり、動物病院で爪切りをお願いするという人が多いのではないでしょうか?

ですが、お散歩中に爪が割れてしまったり、マットやカーペットに引っかけてささくれにようになってしまったりということは少なくありません。

そういった時の、ちょっとした対処にも役立つので、爪切りを出来るようになるための練習方法や爪の簡単なケアについてぜひ知っておいて欲しいと思います。

そもそも、犬の爪切りって絶対必要なの?

引用の出典元:shutterstock.com

爪切りの話になると「絶対にやらないといけないの?」「昔の犬はやっていなかったよ。」などと言われることがあります。

確かに一昔前の、外飼いが基本だったころの犬はほとんど爪切りなどしていなかったかもしれません。

しかしそれは、外飼いであるが故、土を掘ったり、木の枝で遊んだり、整っていない地面を多く歩いたりすることで自然と爪が削れていたからです。

人間同様、もちろん犬も爪はどんどん伸び続けますので、切らないで放っておくと折れてしまったり、巻き爪になった指を傷つけてしまったりしますので必ず爪切りなどのケアが必要です。

中には、アスリート犬など運動量が多い犬や長時間お散歩をする犬などで自然と削られていてケアの必要がない場合もありますが、室内で飼われている多くの小型犬は爪切りをすることをおすすめします。

どんな爪切りがおすすめ?爪ケアグッズの紹介

引用の出典元:shutterstock.com

いざ爪切りにチャレンジしようと思った時に、ペットショップなどで爪切りを探すといくつか種類があり迷ってしまうことがあると思います。

爪切りには、穴の中に爪を入れて刃で挟み込んで切るギロチンタイプや、はさみタイプ、ニッパータイプなどがあります。

はさみタイプは使いやすそうにも思えますが、超小型犬や子犬の爪でなければうまく切れない場合があり、使う時に安定しないことから一般的にはギロチンタイプがオススメされています。

また、出来ればヤスリも一緒に使うことをおすすめします。
人間の爪でもそうですが、爪切りで切ったばかりの爪は、角が尖っていて布などに引っかかりやすく、裂けたり割れたりする原因になります。

なので、切った後は軽くやすりをかけて先端のギザギザを整えてあげるようにしましょう。

爪切りを実際にやる前にやっておきたい、嫌がらせない練習のやり方

引用の出典元:shutterstock.com

犬を飼い始めの方はもちろん、これまで爪切りを自分でやったことがないという人にまずやってほしいことは、犬に爪切りを嫌いにさせない練習です。

突然体を押さえて、バチバチッと爪を切られたら犬はとってもびっくりするはず。始めの印象というのは強く残るので、そのまま爪切りに拒否反応を示すようになるかもしれません。

そうなってしまわないように、まずは犬の爪に爪切りを当ててみることからスタートしましょう。

特に体を押さえたりせず、楽しげに声をかけながら爪にコツコツと爪切りを当て、嫌がって逃げたりしなければごほうびをあげて大げさにほめてあげます。

これをしばらくくり返し、次は軽く手を持って爪切りを当ててみる、という段階に移ります。これも嫌がらなければたっぷりほめてあげましょう。

このように、少しずつ爪切りに触れることや体を押さえられることに慣らしていくことで抵抗なく爪切りを受け入れられる犬に育てることが出来るのです。

大切なのは、無理強いせずに楽しそうな雰囲気を出すこと♪
「よし!やるぞ!!」と飼い主が気合を入れれば入れるほど、その必死さに犬は不安を感じてしまうかも…。

はじめのうちは、一気にすべての爪切りが完了しなくてOK!1日1本切れれば十分です。

一度嫌いになった物を好きにさせるのは、本当に大変なので、じっくり時間をかけて「爪切りも悪くないな」と犬に思ってもらえるように頑張りましょう♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ