家の裏庭で起きた警察官の驚愕行動

引用の出典元:www.cbsnews.com

カナダの国境に位置するミネソタ州、ミネアポリスに住むルメイさんの自宅に設置していたセキュリティーアラームが鳴ったため、警察に通報を入れました。

しかし、これが悪夢の始まりになるとは、家族の誰も想像すらしていませんでした。ルメイさん宅に到着した警察官は、フェンスで囲まれた裏庭を調査し始めます。

ほどなく、警察官の後ろ側からルメイさんが飼っているピットブル2匹が歩み寄って行きました。警察官は何を思ったのか、自分に近づいてくるピットブル目がけて照準を合わせ、徐々に距離を縮めて行きます。

そして、信じられないことに1匹、2匹と、何もしていないピットブル目がけて次々と銃を発射したのです。その後、警察官は調査もせずに裏庭のフェンスをよじ登り、その場から立ち去って行きました。

この驚愕の行動は、ルメイさんの裏庭に設置されていた防犯カメラが捉えていました。

時間帯は夜の9時ごろで辺りはやや薄暗いものの、決して犬と不審者を間違えるような状況ではありませんでした。

2匹のピットブルは手術で一命を取り留める

引用の出典元:www.cbsnews.com

ピットブルの1匹は顎に銃弾を受けたものの、手術によって何とか命は助かりました。もう1匹は首や肩、胸、足などに銃弾を受けてしまい入院中ですが、数日後には歩けるようになった奇跡的な姿がFacebookにアップされていました。

また、募金サイト『GoFund Me』には、犬の手術費用にあててほしいと、わずか数日で300万円近くの寄付金が寄せられています。

※7月11日15:30 防犯カメラの映像や今回の事件にかかる写真すべてが、家族のFacebookから削除されました。
そして、今回被害にあったピットブル2匹「CirocとRocko」の専用Facebookページが立ち上げられています。

警察から何らかの要請があったのかもしれませんし、家族のページとは分けるべきだと判断したのかもしれません。
CBS NEWSで動画をご確認ください。

ピットブルたちに攻撃性はなかった

引用の出典元:www.facebook.com

ピットブル2匹は、どちらも国が認定した「サービスアニマル」という、障がい者などをサポートするためにトレーニングされた犬たちです。

警察官は、単に自分に近づいてくるピットブルに脅威を感じ、発砲したものと思われます。ピットブルへの恐怖心を優先するとは、市民の安全を守るはずの警察官としてあるまじき行為です。

ルメイさん家族は、この一連の事態が映し出された動画をFacebookに投稿し、多くの人に警察の不祥事を公開しました。

これを見た人たちからは1,300件以上コメントが寄せられているので、その一部をご紹介します。

「犬が警察官に敵意を持っていないことは明らかだ」
「クソ警官だな。安全を守る立場なのに、本当に犬が可哀想だ。アメリカに住んでいなくて良かったよ」
「警察はウソをついてるよ」
「犬は尻尾を振っていたわ!!」
「尻尾を振って挨拶しにきているのに、理由もなく撃つ必要はないだろ。カメラがあって良かった」
「クソ警官め、銃を撃つ口実が欲しかったんだ」
「尻尾を振っているからって攻撃性がないとは言えないわ。耳がどうなっているか興奮していないかを見る必要があるの。古い神話に騙されないで」

放心状態の表情を見せる家族

引用の出典元:www.cbsnews.com

警察当局は、今回のセキュリティーアラームは、ルメイさんの娘さんによる誤作動だったと発表しました。

ルメイさん家族には、息子さん2人と娘さんがいますが、愛犬を襲った突然の悲劇にみな一様に放心し、落胆の表情を見せています。

特に、娘さんは夜も寝られず辛い日々を過ごしているそうです。自分の不注意でセキュリティー警報が鳴ってしまったことを悔やんでいるのかもしれません。

そして、彼女が幼い時から2匹とはまるで親友のように暮らしてきたことが、彼女の胸をさらに締め付けました。

ミネアポリス警察は、今回の銃撃事件をしっかりと受け止め、現在内部調査を行っているとのこと。そして、ルメイさん家族に謝罪を述べたということです。

実は、ここミネアポリスでは、無抵抗の黒人男性に警察官が発砲し射殺するという事件が連続するなど、警察の不祥事が過去に何度も起きています。

真面目に市民を守る警察官がほとんどですが、こうした少数の横暴ぶりで市民からの信頼を失ってしまうのは本当に残念です。

今後、犬に発砲した警察官は訴訟などにより処罰されるものと思われます。

家族のいたたまれない気持ちを強く感じた事件でした。愛犬2匹、そしてご家族の心にも体にもどうか後遺症が残らないことを祈ります。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード