オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴:とにかくふわふわの被毛!熊のような癒やしの外見

引用の出典元:www.vetstreet.com

オールド・イングリッシュ・シープドッグの特徴は、なんと言ってもあの豊富な被毛。

強い日差しや雨、そして凍えるような寒さにも適応できてしまうと言うこの被毛は、撥水性のある下毛に上毛が覆う二重構造になっています。この機能性を兼ね備えた被毛は、オールド・イングリッシュ・シープドッグ独特のもの。他の犬種には見られない大きな特徴です。

オールド・イングリッシュ・シープドッグはそもそも、オオカミを追い払うなどの役割を担っていた牧羊犬。がっしりとした体格で、肩幅よりもお尻の方が大きい洋なし型の体型をしています。

「トロット歩様」と呼ばれる、熊のような歩き方が特徴的。ヒツジをオオカミから守るたくましいオールド・イングリッシュ・シープドッグなのですが、見た目はなんとも穏やかで愛らしいマスコットのような出で立ちです。

オールド・イングリッシュ・シープドッグが歩んできた歴史


オールド・イングリッシュ・シープドッグは200年前に発祥したと言われる犬種。「オールド」と犬種名についていますが、比較的新しい犬種なのです。

原産国はイギリス。牧羊犬と言っても、走り回って羊を追いかける仕事ではなく、羊を外敵から守る役割をになっていました。

目のあたりまで伸びた被毛は、人間には可愛らしく感じてしまいますが、他の動物には熊のような猛獣にみえるのでしょう。「強い犬」として、飼育されていました。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは尻尾が短いのが特徴ですが、断尾されているからです。この断尾にはある理由があります。それは、19世紀中頃にまでさかのぼりますが、家畜の輸送時に作業犬として同行していたことから断尾の歴史は始まります。

商売人が飼っている犬には通常税金がかけられていたのですが、牛などを長距離輸送するとき、作業犬ということが証明されれば免税されたのです。

作業犬だという証明は断尾しているかどうか。免税してもらうために飼い主たちは、オールド・イングリッシュ・シープドッグを断尾し、税金を免除してもらったようです。

このことは近年まで続けられていました。その名残としてオールド・イングリッシュ・シープドッグの断尾は今も続けられていると言われています。

オオカミを追い払っていたオールド・イングリッシュ・シープドッグは、その後、ドッグショーという華々しい舞台で活躍することとなります。

19世紀後半アメリカのケネルクラブ、AKCに犬種登録されるとショードッグとしての新たな歩みを始めます。

20世紀初頭には人気のショードッグにまでステイタスを向上させました。その後もショードッグとしてはもちろんのこと、家庭犬としても人気を博すようになり、人気犬種としての不動の地位を確立したのです。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの性格:オオカミと退治できるほど勇敢

引用の出典元:www.telegraph.co.uk

オールド・イングリッシュ・シープドッグは、基本的には飼い主に従順で、ちょっとおどけたような個性の持ち主です。性格も穏やかで、牧羊犬ですが見知らぬ人に神経質になって吠えたり突然噛みついたりといったことはありません。

ただ、オオカミと戦ってきた本能はまだ残っていて、攻撃的な一面をのぞかせることもありますが、「嫌なことをされた」だとか「飼い主をいじめていた」といったように、きちんとした理由がなければ攻撃的になることはありません。

そして何より、子どもにも優しく、面倒見の良い性格が魅力的な犬種です。

オールド・イングリッシュ・シープドッグで気をつけたい病気


オールド・イングリッシュ・シープドッグの寿命は、10~12歳。特に遺伝性の病気に気をつけた方が良いでしょう。

まず、股関節形成不全。また、遺伝疾患以外で言うと、皮膚病や外耳炎には注意しましょう。

皮膚に炎症を起こしやすいオールド・イングリッシュ・シープドッグ。豊富な被毛は時に皮膚への通気性が悪くなり、炎症を誘発させてしまう可能性もあります。外耳炎もしかりです。

きちんとブラッシングし、皮膚の状態を確認するようにすると、炎症を起こすまでに悪化させずに済むでしょう。

また、耳掃除も定期的に行ってあげることで、外耳炎は予防できます。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの飼い方や向いている家庭

引用の出典元:www.vetstreet.com

穏やかなマスコット人形のようなオールド・イングリッシュ・シープドッグですが、もともと牧羊犬ということもあり、運動量は確保しなければなりません。散歩も一日数回、長めに歩くなど工夫が必要です。

また、特徴的な被毛のお手入れも欠かせません。

ブラッシングは必至で、2日に1回はブラッシングして毛玉になることを予防しましょう。

お手入れを丁寧にしてあげれば、それだけ美しい被毛を維持できます。ブラッシングすることで皮膚への通気性も良くなるので皮膚病予防にもなります。

熊みたいで可愛い!オールド・イングリッシュ・シープドッグの魅力が詰まった動画

引用の出典元:www.youtube.com

どてどて歩くオールド・イングリッシュ・シープドッグ。

決して俊足というわけではありませんが、熊のようでどこか愛嬌がありますよね。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの魅力と特徴まとめ


牧羊犬にショードッグと、幅広い分野で活躍するオールド・イングリッシュ・シープドッグ。

他の犬種には見られない独特の風貌や穏やかで優しい性格は、生涯の伴侶犬として最高ではないでしょうか?

運動量が必要だったり、被毛のお手入れをしなければならないということが面倒と感じられる方もいるかもしれませんが、こうしたお世話はオールド・イングリッシュ・シープドッグとのスキンシップの時間が十分に取れるということでもあります。

愛情を注いであげれば、自然と絆も深まるはずですよ。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi サッチモ・ルイザ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード