犬が自分の手足を噛むのはなぜ?

引用の出典元:shutterstock.com

犬が自分の手足を噛む、なめるといった行為をするときには、たいてい何らかの原因があります。

最もよく挙げられるものにストレスがありますが、他にも暇つぶしのためだったり、手持ちぶさたになったりしているためだと考えられています。

中にはストレスで手足を噛む、なめるようになり、それが最終的には癖になってしまっていることもあるようです。

犬は嫌なことがあると、自分をなめることで自分自身を安心させようとすると言われています。また手足を噛む行為は、人間でいうところの「爪を噛む」「髪を触る」などの行為に当たるようです。

原因に合わせて対策を取ろう!

引用の出典元:shutterstock.com

では犬が自分の手足を噛んでいるのを見たら、どうすればよいのでしょうか良いのでしょうか?

まずは、愛犬がそうするときの時間やタイミング、状況などを記録してみるとよいでしょう。これによって何か新しい発見があり、解決の糸口になるかもしれません。

運動不足から起きているストレスであれば散歩を増やし、かまってもらえないストレスから起きているものであれば、スキンシップを増やすとよいでしょう。家に新しい犬を迎えたときなどに先住犬がストレスを感じることもありますので、そのような場合には、飼い主、先住犬、新入りの子との関係を見直します。

暇を持て余しているようであればオモチャを与えます。

物理的にやめさせるだけであれば、エリザベスカラーを使用したり靴下を履かせたりすることもできますが、誤って靴下を飲み込んだりしないよう注意が必要です。

しつけで手足を噛む行動を修正してあげよう!

引用の出典元:shutterstock.com

原因に合わせた対策のほか、可能な場合には、噛むという行動そのものを修正するとよいようです。

例えば、かまってほしくて手足を噛んでいるような場合には、噛んだりなめたりし始める前に「オスワリ」などの号令をかけ、その通りに動くことができたらほめて遊んであげます。

すでに噛んだりなめたりしている場合には、飼い主は別室へ行き、それから愛犬を呼び寄せて号令をかけます。

そして言う通りにできたらほめて遊んであげましょう。一方で噛んでいるときに叱ると、そうすることで飼い主の気を引けると思ってしまう場合がありますので注意が必要です。

その他、考えられる原因とは?

引用の出典元:shutterstock.com

さて、犬が自分の手足を噛むのは、実はストレスからだけではありません。例えば、ドッグフードに含まれる化学物質によるアレルギーから、痒みなどの症状が手足に出てしまうこともあります。

このような場合には、オーガニックのフードに変えてみるとよいでしょう。またノミやダニなどによるものや、爪が伸び過ぎて気になるような場合もあるようです。

他にも感染症やアレルギー、まれに脳の障害などということもあるようですので、理由が思い付かないような場合には、獣医さんに相談してみるとよいでしょう。

犬だって人間と同じ、ストレスを感じることもありますし、手足に違和感を覚えることもあるでしょう。せっかく出してくれたサインです。見逃すことなく、適切な処置をしてあげたいですよね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi PomPom
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード