アンガーとスコープの出会い

このお話は、アメリカのウィスコンシン在住のジョン・アンガーと彼の愛犬のスコープのお話である。

ジョンはある時、子犬を引き取ることになった。

ジョンは、その引き取った子犬にウィスコンシンで有名なアイスクリームの名前をつけた。

その日から、19年の月日が経った。

現在、スコープは老犬となり、関節炎を患い、不眠に苦しむ毎日を送っている。

それをどうにかしてあげたいと思っていたアンガーは、とある日「水に浸からせてあげる」ことが関節炎に効果的だという情報を耳にする。

感動の一枚が生まれたのは

引用の出典元:i.huffpost.com

そんな情報を耳にしたジョンが取った行動は、「スコープをスペリオル湖に連れて行き、安心させて眠らせること」だった。

そうして、感動の嵐を呼ぶ一枚の写真が生まれた。

ジョンとスコープの絆

引用の出典元:www.taringa.net

ジョンはスコープを愛していて、スコープはアンガーをとても信頼している。

この素晴らしい信頼関係を表現するかのように、スコープはジョンに抱かれたまま湖の中で、関節炎が嘘だったかのようにぐっすりと眠っている。

彼のすべてが愛犬スコープ

引用の出典元:fox6now.com

そんなジョンの献身的な行いにより、スペリオル湖に浸かった日にスコープはぐっすりと眠るのだとか...

よく、「愛犬は人間のベストフレンドだ」、「愛犬は人間のパートナー」だと言うが、アメリカ・ウィスコンシン在住のジョン・アンガーにとって愛犬スコープとは「彼のすべて」なのだ。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 犬公方
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード