ネットで見た子犬を衝動的に購入し遺棄したカップル

引用の出典元:www.mirror.co.uk

サルーキとグレイハウンドのミックス犬のオス"ウィリアム"は、今でこそ美しく気品に溢れていますが、かつては瀕死の状態で捨てられているところを保護された経験を持っています。

ウィリアムの元飼い主のイギリス人カップルは、インターネットで子犬の美しい姿を見て何も考えずに衝動買いしましたが、結局は育てきれずに捨ててしまったのです。

サルーキは9000年前から現存する最古の犬種で、王族から特別扱いされてきました。その性格は穏やかで自立心や自己判断力が高いのが特徴です。

ウィリアムの中に流れているもう一つの血統であるグレイハウンドの性格は、穏やかで飼い主への忠誠心が高いと言われています。

この2つの血統がミックスされたウィリアムを幸せな環境で過ごさせるには、深い愛情とそれなりの時間や知識、経験が必要です。ただでさえ、犬は思いつきで飼育できるような動物ではありません。

ウィリアムは、2015年9月、イギリス・コヴェントリーの街中に捨てられていたところを、英国王立動物虐待防止協会 (RSPCA)によって保護されました。

「ウィリアムの体重は本来なら10キロは必要なのに、わずか3キロ程度しかなく、全身の骨がすべて浮き上がり、まるで骸骨のようだった」と、ニッキー・フォスターさんは保護当時のことを語っています。

ウィリアムを捨てたカップルは動物虐待の罪で逮捕され執行猶予判決が下されました。2人には将来に渡り動物の飼育を禁じられ、35時間の社会奉仕が命じられたということです。

ウィリアムという名前が付けられたのは、捨てられていたコヴェントリーがイギリス王室御用達の高級スポーツカー「ジャガー」の本拠地であることが理由だったのでしょう。

カップルは高級スポーツカーになぞらえて、長い脚とシャープな体、俊足の犬に憧れて衝動買いしたのかもしれません。

適切な飼い主の元で美しい姿と自信を取り戻す

引用の出典元:www.facebook.com

保護されたウィリアムは、RSPCAで広報担当として働く女性、レイチェルさんの目に留まります。たまたまウィリアムに関する一連のプレスリリースを担当した彼女は、ウィリアムの写真に胸を痛め様子を見に行きました。

レイチェルさんと会ったウィリアムは彼女をとても気に入ったらしく、鼻の頭にキスをしてきたのです。そのプロポーズはレイチェルさんのハートに届きました。

レイチェルさんは、当時の婚約者クリスさんに、「ウィリアムの里親になりたい。クリスの愛犬の相棒にできないか?」と相談します。

クリスさんは、自身が飼っている11歳になるウエスト・ハイランド・テリア"ハリー"の相棒として迎え入れることを快く承諾しました。

こうして家族の一員として迎えられたウィリアムは、すぐにハリーとの信頼関係を築き、大の仲良し・凸凹コンビが誕生しました。

安心して暮らせる環境を用意してくれたおかげで、ウィリアムの痩せこけた体はみるみる回復し、サルーキとグレイハウンドのミックス犬らしい輝きと自信を取り戻していくのでした。

飼い主の結婚式に花を添えた2匹の愛犬

引用の出典元:www.katelowephotography.com

レイチェルさんとクリスさんの結婚式の段取りが進められ、2人の大切な家族であるウィリアムとハリーも出席させよう!と計画しました。

引用の出典元:www.katelowephotography.com

2人にとっても晴れ舞台ですが、2匹にとってもみんなに素敵な姿を見てもらえる絶好の機会です。2匹はおそろいの蝶ネクタイを付けてもらい、準備を整えるレイチェルさんのそばで出番を待ちます。


引用の出典元:www.katelowephotography.com

2016年10月22日、いよいよ新婦は「クラシックタイプのジャガー」に乗り、新郎の待つチャペルへと向かいます。

2人は神聖なチャペルで永遠の愛を誓い、たくさんの友達や親族、2匹の愛犬からも祝福を受け、無事に結婚式が執り行われました。


引用の出典元:www.katelowephotography.com

2人と2匹を模したお人形が飾られたウェディングケーキがあったり、ゲストたちにも愛犬2匹のお菓子が渡されたりと、ウィリアムとハリーのお披露目もできました!

レイチェルさんは「ウィリアムが結婚式に出席できたことは本当に誇りです。1年でよくここまで回復してくれました」と語っています。

子犬の時代は辛い思いをしたウィリアムでしたが、今では体重も23キロになり元気いっぱいです。4人家族として幸せな暮らしを得たウィリアムが待望するのは、5人目の家族かもしれませんね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード