自分の年齢を追い越してしまった愛犬へ、感謝と希望を込めた手紙

引用の出典元:www.youtube.com

ミニチュアダックスフンドのチョコちゃんと暮らす永野さんは、チョコちゃんが幼い頃から大切に可愛がってきました。

自身が大きな事故に巻き込まれて大怪我をしてしまった時、チョコちゃんのお世話ができなくなってしまうかもしれないことを一番に心配していたほどです。

今では怪我も回復し、リハビリも兼ねてチョコちゃんとの運動を楽しんでいます。なんでも、一緒のボードに乗ってサーフィンまで楽しんでいるんだとか。

まさに、幸せいっぱいの日々を送っています。

ですが、気がつけばチョコちゃんも15歳という年齢に。いつのまにか自分の年齢を追い越してしまった愛犬を目の前に、永野さんチョコちゃんに手紙を送ることにしました。

今までの感謝とこれからの希望を込めた手紙です。

引用の出典元:www.youtube.com

永野さんが愛犬のチョコちゃんに送った手紙の内容は、大きな愛に溢れていました。

「もう私も71歳、あなたも15歳です。毎朝、目が覚めて、そばにいる寝息が小さいとドキッとしてそっとあなたのおなかを見てしまいます。そして、小さく息づいて動いているのがわかるとほっとしますよ。あなたがいなくなることを考えただけでママの心臓はギュッとつまります。」

「こんなに長生きしてくれてありがとう。私を優しくしてくれて、友達をいっぱいにしてくれてありがとう。うちの子になってくれてありがとう。これからもたくさん海を散歩して一日一日一歩一歩二人で楽しめることを考えて、ゆっくりゆっくり陽だまりの中を歩きながら、二人の思い出をたくさん作っていきましょうね。」



そして、永野さんはチョコちゃんと3つの約束をします。


「1は、長生きしてね。」

「2は、同じ長生きするならママと楽しく生きてください。」

「3は、今まで通り友達たくさんに愛されてください。」

引用の出典元:www.youtube.com

最後は、ぎゅっと抱きしめ合う永野さんとチョコちゃん。

二人のように、高齢になった愛犬と全ての飼い主さんが、少しでも長く幸せな時間を過ごせることを願います。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Tsunayoshi公式
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード