とにかく広いドイツのティアハイム!

ベルリンには1901年に設立されたティアハイムと呼ばれるアニマルシェルターがあります。ドイツ語で「動物の家」を意味するこの場所には、犬や猫を始め、多くの動物が暮らしています。

ここに保護された動物たちは里親に引き取られるか、天に召されるかいずれかの時までここで暮らすことが出来ます。まだまだ殺処分率の高い日本に比べると殺処分0のドイツに学ぶことはとても多いのですが、様々な理由があるとはいえ、動物愛護の先進国のドイツでさえ、元々の飼い主と一緒に暮らせなくなった動物たちがいるということは悲しい現実です。

このティアハイムの印象は、とにかく広い!総面積は18万5000平方メートルとも言われており、この大きさは東京ドーム3つ分が入ってしまうほどです。

ベルリンの人間用のアパートもとても広々とした作りですが、動物たちにもひろびろとしたスペースを与えているところがさすが動物の権利を守る国、という気がしました。また、敷地の片隅にはティアハイムで天寿をまっとうした動物たちのお墓もあり、それがとても印象的でした。

トレーニングの重要性 



観覧する人が来ても犬たちは特に日常を崩すことなく、吠えることもありません。私は以前シンガポールのアニマルシェルターでボランティアをしていたことがあるのですが、その時は犬たちの鳴き声がとてもうるさく近所の人の迷惑になる可能性もあるな・・・と思いました(幸いシンガポールのシェルターは山奥にあったので、近所迷惑にはなっていないようですが)。元々ドイツ人の動物愛護の意識が高いことを抜きにしても、ティアハイムにいる犬たちの静かがが近隣住民のティアハイムへの理解を得ている要素であるなとも感じました。
ドイツのティアハイムでは犬の健康診断、性格チェックを行った上でトレーニングを行っていくのだそうです。

もちろん、これらのことはボランティアの方ではなく、専門のトレーナーが行っています。このトレーニングは里親探しをする上でも、ティアハイムを存続させる意味でもすべての基盤となっていると感じ、日本でもどのようにトレーニングを定着させていくかかで、今後の動物愛護はもっと変わるだろうと思いました。

危機に瀕するティアハイムも・・・

「動物愛護先進国」のドイツでさえ、経営危機に瀕しているティアハイムもあります。2014年ドイツ国内にあるティアハイム・ベルクハイムは破産を申請しました。財政難を抱えているティアハイムも少なくないと言います。お金による寄付のみならず、ほとんどのスーパーにはペットフードを寄付するスペースを設けていますが、それだけでは問題は解決しない状況にショックを受けました。

動物愛護先進国のアニマルシェルターの苦境には考えさせられるものがありますが、まずは自分の出来る範囲から始めることが大切ですよね。

個人的負担を減らすことが今後の課題?

以前私が日本のアニマルシェルターでボランティアをさせて頂いていた時、アニマルシェルターを運営されている方の個人的負担がとても大きいと感じました。

ティアハイムにももちろんボランティアの方も多くいらっしゃいますが、プロとして従事されている方も多いことに気が付きました。

たびたび労働環境が問題になる日本ですが、アニマルシェルターで働いている方の労働環境の改善が動物たちの権利や環境を改善することにもつながると感じたティアハイムの見学でした。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo