飼い主に近づくコブラに飛び掛かった愛犬

引用の出典元:www.mirror.co.uk

南アフリカに住むルイス・グロブラーさんの愛犬で10歳になるヨークシャーテリアの"スパイク"は、飼い主から1メートルほどしか離れていない裏庭でコブラを発見しました。

しかも、コブラは飼い主のいる部屋へと近づいている最中だったのです。ルイスさんはそのとき電話中で、自分の身に危険が迫っていることにまったく気が付いていませんでした。

スパイクは、躊躇することもなくジャンプしてコブラに咬み付きます!毒蛇からルイスさんの命は守られたものの……。このとき、スパイクはコブラに咬まれていたのです。

愛犬がコブラに咬まれたことに気付かなかった

引用の出典元:www.mirror.co.uk

スパイクが何かを口に咥えていることに気が付いたルイスさんが近寄ってみると、それが猛毒を持つコブラであることがわかりました。

この事態に、すぐに隣人を呼び手伝ってもらうことになりましたが、すでにスパイクが絶命させたあとでした。ルイスさんは、まさかスパイクがコブラに咬まれているとは思わなかったのだそうです。

スパイクがコブラを咥えて振り回す写真は、おそらくスパイクに近寄ったときに撮ったものなのでしょう。しかし不運にも、もう1匹の愛犬"プリンセス"も、このとき足を咬まれていたのです。

2匹の愛犬を同時に失った飼い主

引用の出典元:www.mirror.co.uk

コブラの毒は確実にスパイクとプリンセスの神経を破壊し始めていました。そして30分後。スパイクは亡くなってしまいました。

ルイスさんと18歳になる娘さんのマリスカさんは、目の前で苦しみながら死んでしまったスパイクを抱きしめます。

その直後、仲間と飼い主の傍らにいたプリンセスにも異変が起き始めました。飼い主がプリンセスの身に何が起きたのかを理解したときには、もう手遅れでした。

スパイクが亡くなってから1時間もしないうちに、プリンセスまでもがコブラの犠牲になってしまったのです。

2匹の愛犬は大切な家族だった

引用の出典元:www.mirror.co.uk

マリスカさんは、子犬のスパイクが道端に捨てられていたところを拾って、今日まで育ててきたのだそうです。

一方のプリンセスもまた、前の飼い主が捨てたあとにルイスさんが引き取った保護犬でした。しかも、この悲劇からわずか2週間前に迎えられたばかりだったのです。

2匹の愛犬が亡くなってしまった翌日、家の前庭には2つのお墓が寄り添うように建っていました。

楽しく暮らしていた家族を突然襲った悲劇に、ルイスさんもマリスカさんも埋葬中はもちろん、数日間泣き続けたと言います。亡くなってしまった2匹のご冥福をお祈りいたします。

日本にはコブラこそいませんが、奄美や沖縄に生息するハブ、マムシ、ヤマカガシという毒ヘビがいます。

散歩中の草むらや壁に設置された水抜きパイプ、石垣の隙間などに愛犬が顔を突っ込まないように注意したいですね。また、アウトドアでキャンプに愛犬を連れて行く際にも、細心の注意を払ってください。

「マムシで犬は死なない」ということを聞きますが、実際に死亡した例もありますので、必ず動物病院に連れて行くことをおすすめします。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード