ピットブルの母犬は泣いていた

引用の出典元:www.thedodo.com

アメリカ、ノースカロライナ州の動物保護団体『Greater Charlotte SPCA』でボランティアをしている女性のサラさんは、同州のシェルター『CMACC』を訪れていました。

そして、落ち込んだ表情で目に涙を溜めているピットブルの母犬に遭遇します。どこか遠くを見つめ、心ここにあらずといった様子です。

実際に犬が泣くかどうかは未解明ですが、少なくともピットブルに話しかけたサラさんには泣いているように見えたといいます。

7歳と推定されたピットブルの母犬は、子犬を産んだ直後に捨てられていたところを保護されたのだそうです。

シェルターのスタッフは、「繁殖犬として狭いケージに閉じ込められていたと確信している」と、サラさんに伝えました。

せめて母犬に里親を見つけてあげたい

引用の出典元:www.thedodo.com

残念ながらサラさんの所属する動物保護団体では大型犬を収容する施設ではないため、目の前で涙を溜めている母犬を引き出すことはできません。

それでも何か彼女のためにしてあげたい!と、"シナモン"と名付けた母犬の姿を撮影し、団体のFacebookに映像を投稿することに。

すると、わずか1日でシナモンの動画は70万回以上再生され、世界中からメッセージが届きました。多くの里親希望者がシナモンを引き取りたいと言ってくれたのです。

ピットブルの習性を良く知っている里親

引用の出典元:www.thedodo.com

翌朝には複数の家族がシェルターに列をなしました。そして、一番最初に並んだシェルトン家族が里親に決定します。

実は、シェルトン家族はサラさんの友人でもあり、ピットブルをすでに飼っているベテランでした。シナモンがケージの中で泣いている姿を見たとき、子どもたちも夫婦もみんな涙が止まらなかったそうです。

シナモンが出産直後だったことや、パピーミルの犠牲犬だったことなどを考えると、とうていピットブルの習性を深く理解している里親でなければ彼女を上手に飼うことができません。

その点においても、シェルトン家族は最適だったのです。

シナモンと家族が面会すると、すでにシナモンの表情は和らぎ、安心したような表情になっていました。

里親になる正式な手続きを終え、シナモンは"ロージー"に改名します。そして、ロージーは避妊手術が施されたのち、無事にシェルトン家に迎え入れられました。

先住犬とも打ち解けて笑顔の対面

引用の出典元:www.thedodo.com

シェルトン家族には3歳になるピットブルのオス・"ブルー"がいます。家族はロージーが家や散歩に馴染むまで、数日間はブルーに合わせないつもりでいたのですが、そんな気遣いは無用だったようです。

寝室に入れられていたロージーは、別の部屋にいるブルーの存在にすぐに気が付き、「会いたい」と泣いたのです。

念のためブルーにリードを付けて様子を見ていたところ、ブルーもロージーも互いの尻尾を振って嬉しそうに対面することができました。

シェルトン家族によると、2匹はあたかも何年も前からの友人かのように行動しているのだそうです。

数日後にはロージーは環境に慣れ、興奮するとまるで豚のように鼻をグフグフさせ、可愛い仕草を見せるようになってきます。

まだ数日しかロージーと家族との幸せの歴史は刻まれていませんが、家族はロージーなしの人生を想像することができないといいます。

保護されたときは悲し気な瞳だった母犬でしたが、ようやく笑顔で過ごせる環境が手に入ったのですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo