ご近所の個人保護活動家を訪ねてみる

引用の出典元:www.morguefile.com

もしかすると、あなたの近所には個人で犬や猫などの動物を保護する活動をされている方いらっしゃるかもしれません。

もし、お住まいの地域に個人で保護活動をされている方がいれば、まずは一度お話しを伺ってみましょう。個人で保護活動をされている方に色々と尋ねてみると、あなたができることを快く教えてくれるはずです。

その人のもとで、犬の一時預かりボランティアとして活動することができるかもしれません。

もちろん、その方が保護されている動物たちを引き取ることができれば、保護活動のかなりの負担が減ると思います。

私の知人も、個人で保護活動をしている方が数人いて、その中の1人が住んでいる町では、3年以上殺処分を出していません。

その方が一手に犬猫等を引き取っていますが、里親さんがなかなか決まらないとストレスが溜まってくると話していました。

伝手や紹介でも大丈夫だと思いますので、ぜひ一番最初にお声をかけて頂きたい候補です。

動物病院や商業施設に出会いがあるかもしれない

引用の出典元:www.flickr.com

ご近所の動物病院や各種商業施設などで、犬の里親や犬の一時預かりボランティアの募集ポスター等が掲示されている場合があります。

また動物病院では、ボランティアの方が頻繁に出入りしていることが多いので、獣医さんなどに一度相談してみましょう。

他にも、ネットの掲示板等でも里親募集の告知をよく見かけますので、気軽にお問合せしてみてください。

動物を通して新しい繋がりも増え、日常生活がより豊かになると思います。

動物愛護団体や保護団体を訪ねて、ボランティアを募集してないか聞いてみる

引用の出典元:www.flickr.com

全国にはたくさんの動物愛護・保護団体が存在します。

団体により犬の一時預かりボランティアの規約等が異なりますので、事前によく確認しましょう。

実際に預かる前に、トライアル期間を設けているところがいいですね。

また、犬の一時預かりボランティアのスタッフになると、あなたのご自宅での犬や猫の飼育環境を確認するために、団体のボランティアの方が家庭訪問に来てくれます。

既に犬を飼っている場合は、愛犬にストレスが掛かりますので、愛犬との相性などをよく見極めてから保護犬を預かるようにしましょう。もし、愛犬がどの犬種に対しても友好的であれば、犬の一時預かりボランティアは上手くいく可能性があります。

保護団体にとっても、犬の一時預かりボランティアがいないと保健所等から引き出すのが難しくなるので、喜んで受付してくれると思います。

私の知っている保護団体様も、ボランティアさんを常時募集しています。

里親になることだけが全てじゃない!犬の預かりボランティアの重要性

引用の出典元:www.flickr.com

私も犬の保護活動をしています。

今年、私が保護・譲渡した犬は、昨年愛犬をなくされたお家でした。

そのご家族とは、インターネットの掲示板を利用したことで知り合うことができ、実際にお会いして里親になっていただけました。

ですが、いきなり里親になることは、少しハードルが高いと思われる方も多いかもしれません。ですが、犬や猫を殺処分から救う方法は里親になることだけではありません。

一時預かりボランティアとして、保護活動を行っている方々をお手伝いするだけでも、十分役に立つことができます。

日本の殺処分の現状を変えるには、一人一人ができることをやっていくしかありません。是非、犬の一時預かりボランティアという選択も視野に入れてみてくださいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 原田真衣
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード