これは熱中症?もしもの時の熱中症の判断方法

引用の出典元:shutterstock.com

まずは犬の状態を良く見て、本当に熱中症なのかどうかを確かめましょう。もし熱中症でない場合、熱中症の対応をしてしまうと余計に症状が悪化してしまう可能性があるからです。


息がハァハァと荒くなっているかどうかを確認する


熱中症でない発熱の場合はこの動作を行いません。


咳をしていないかどうかを確認する


熱中症で咳は出ません。咳をしている場合はフィラリアの可能性があります。


このほかにも熱中症には「よだれが大量に出る」「脈拍や心拍数が増える」「ぐったりしている」「嘔吐・下痢・血便」「痙攣」「血圧の低下」などの症状があります。


愛犬が熱中症になってしまったときの対処法

引用の出典元:shutterstock.com

熱中症の場合、意識があるかないかで対処方法が異なります。状況に応じて対処法を使い分けるようにしましょう。


意識がある場合


・水を飲ませる
スポーツドリンクがあれば、水で2倍くらいに薄めて与えましょう。

・体を冷やす
頭や脇の下、内股の付け根に冷水で絞ったタオルを挟みます。全身に冷水を浴びせるのも効果的です。ただし体温が下がり過ぎないよう注意してください。

・涼しい場所に移動する

・体温が39℃くらいまで落ち着いたら動物病院へ
熱中症は高熱が出るため、一見元気になったようでも体内にダメージが残っていることがあります。必ず病院で診察を受けさせましょう。


意識がない場合


意識がない場合は非常に危ない状況です。体に冷水をかけるなど犬の体温を下げながら動物病院へと連絡し、病院の指示に従いましょう。

意識がなくなってしまうと慌ててしまいますが、熱中症はまず体温を下げることが重要です。一刻も早く病院に連れて行きたいところですが、まずは体を冷やす処置を行ってから病院へ連れて行くようにしましょう。


熱中症になりやすい原因は、犬の体に仕組みにあった!

引用の出典元:shutterstock.com

犬は人間と比べて熱中症になりやすい体の仕組みになっています。犬が熱中症になりやすい状況をあげてみましたので、こういったケースには注意しましょう。


  • 車で留守番をさせる
  • 締め切った室内で留守番をさせる
  • 蒸し暑い時間帯に散歩をする
  • 蒸し暑い時間帯に外に出す
  • ドライヤーを長い時間あてる
  • 太っている(脂肪が厚く、熱がこもりやすくなる)

また、パグやシーズーなどの短頭犬種は体温調節がしにくく熱中症になりやすい犬種なので特に注意が必要です。

愛犬が熱中症なるのを予防するには

引用の出典元:shutterstock.com

熱中症、ならないに越したことはありませんね。犬の熱中症対策としてできることをまとめてみました。


いつでも水が飲めるようにしておく


犬が脱水症状を起こさないよう、水はいつでも飲めるようにしておきます。


扇風機よりもクーラーを使う


犬は汗をかかないため、扇風機はあまり効果がありません。


涼しい時間帯に散歩をする


日中は熱中症だけでなく日射病やコンクリートでの火傷のリスクもあります。


水浴びをさせる


霧吹きで水をかける程度でも効果があります。


外飼いの場合は小屋に直射日光が当たらないようにする


日陰の涼しい場所にいられるようにしてあげましょう。


夏場には車で留守番をさせない


赤ちゃんと同じく、短い時間でも車内でのお留守番は危険です。


長毛種はサマーカットにする


毛を短くしすぎると、直射日光で却って体温が上がることもあるので注意が必要です。


熱中症はちょっとした工夫で防げる病気です。犬は人間と違って、常にコートや服を着た状態と同じ上、体温の調節がしにくい状態。熱中症になりやすいということを頭に入れて、夏場には注意してあげるようにしましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi しおすけ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード