少年と犬に時間がもたらす光と影

引用の出典元:tenafterfive.com

大型犬の「ベルカー」は、ロンさんとリサさん夫婦、息子のシェーン君と一緒に10年間を過ごしてきました。

シェーン君が大きくなるのと同時に、ベルカーは壮年期から高齢期へと移行していきます。そんなベッカーをシェーン君は大切に面倒見てきました。

辛いことや楽しいことをベルカーにたくさん語り、ベルカーもまたシェーン君の気持ちを理解して寄り添います。もはや二人は飼い主とペットという関係を超え、同じ時間を共有してきた大親友です。

しかし、時間というものは、明らかに生き物の体に変化を起こす不思議な力を持っているようです。シェーン君が6歳の賢い少年に成長していく一方で、10歳のベルカーの体はガンに蝕まれていくのでした。

愛犬の安楽死に少年を立ち会わせる決断

ベルカーのガンはすでに末期を迎えており、獣医をもってしても打つ手はなく「安楽死」という選択肢を家族に提案します。

ロンさんとリサさんは、ベルカーにこれ以上の苦痛を我慢させ続けるのは酷だとして、獣医の提案した安楽死を受け入れました。

そして、それまで共に過ごしてきたシェーン君にもベルカーの安楽死に立ち会わせることを決めます。愛犬の死を通して、彼が何かを学べるかもしれないと思ってのことでした。

愛犬の亡骸を抱きしめながら少年が語った答えとは?

引用の出典元:www.viralnova.com

翌日、自宅に獣医が訪れ、ベルカーとの別れの時間がやってきました。

家族は大きな体のベルカーを取り囲むように静かに集まります。シェーン君は最後の呼吸が止まるまで、愛おし気にベルカーをなで続けていました。

穏やかに息を引き取ったとはいえ、悲しみに暮れる夫婦と医師は、「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのか」について話していました。

かたわらでその話を聞いていた6歳のシェーン君が、おもむろに語りだしたのです。

「ぼく、何でか知っているよ!人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、幸せな人生を送る方法を覚えるんでしょう?でも、犬は生まれたときから、すでにその方法を知っているんだよ。だから長く生きる必要がないんだ。」

その場にいた獣医と両親は、あまりにも真髄にふれたシェーン君の答えに涙しました。

獣医は後に、涙もこぼさずに愛犬をなでる6歳の少年が、どこまで事態を理解しているかはわからなかった、と言います。しかし、こんなにも心が癒やされる言葉は聞いたことがない、と振り返りました。

人間は愛を学ぶ必要がある存在。それに対して、犬は愛に満ちた存在として生まれてきている。この違いを理解している少年の純粋さに驚きを隠せません。

この少年のエピソードは世界中に広がり、家族である愛犬を亡くした人々の心を癒やし続けています。

いつかは必ず来る愛犬のその時には、「ありがとう」をたくさん伝えてあげたいですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード