動物実験のために生かされるビーグル

引用の出典元:tabi-labo.com

医療品や化粧品などの安全性は、どのようにして担保されているのでしょうか?

医療品や化粧品などの開発現場では、毒性検査として"動物実験"が行われています。もちろん、動物実験を行なわない開発をしているメーカーありますが、依然として動物実験を開発工程に組み込んでいるメーカーも少なくありません。

そして、人間に近いデータが取れるということから、主に中型犬が臨床実験の対象とされています。その中でもビーグルは代表的な犬種だということをご存知でしょうか?

壮絶な14年間!年老いたビーグルを保健所から救出

引用の出典元:tabi-labo.com

2015年9月30日のことです。「Bealge Freedom Project(BFP)」という動物実験からビーグルを救出する団体は、年老いたビーグル犬を韓国の保健所から引き取りました。

2015年9月30日、「Bealge Freedom Project(BFP)」は、年老いたビーグル犬を韓国の保健所から引き取りました。永きにわたる役目をようやく終えた3匹ですが、製薬会社の研究室で実に14年間に渡り実験動物として扱われていました。同じような境遇の犬たちとともに、ぎゅうぎゅう詰めの保健所の檻の中にいたそうです。

出典:14年間「実験動物」として生かされた、3匹のビーグル犬が自由になった瞬間 | TABI LABO


驚くべきことに、韓国では毎年約8,000頭もの数のビーグルたちが動物実験に使用されているとBFPは主張しています。そのような動物実験のために生かされるビーグルのほとんどが、生まれた時から狭く暗い檻の中で管理されます。

しかし、これは韓国に限った話ではありません。世界各国の研究施設で起きていることなのです。

里親探し・・の前に立ちはだかった大きな問題

今回、韓国の保護団体の支援を受けて、BFPは3頭のビーグルをアメリカに輸送し、その後に里親探しのプランを描いていました。

しかし、14年間も拘束されていたビーグルたちの体力は、壮絶な環境によるストレスと老いによって衰弱しきっており、そして病にも侵されていたのです。

そこでBFPは、まずは現地にて3頭の治療に専念することを決断しました。

ビーグルの1頭は脂肪腫瘍を摘出する手術を受けて、もう1頭は腐った歯を10本も抜歯することに。こうして3頭それぞれの体調回復までには、およそ2ヶ月もの時間を要したのです。

そして、ついにその日はやってきました。
韓国からアメリカへと旅立つ日です。

空港までの車中、実に数年(もしかしたら十数年?)ぶりに見る太陽の日差しに、キョトンと目を丸くするビーグルたち。初めて感じる外の世界に歓喜する姿からは、3頭の嬉しさがにじみ出ています!

手に入れた自由!無事に保護された3頭のビーグルたちに笑顔

引用の出典元:www.youtube.com

太陽の日差し、
芝生のニオイ、
全身で感じることができる、外の世界。

生まれてから、ずっと動物実験のためにだけ生かされてきた3頭のビーグルたちは、とてつもなく長くと壮絶な14年を経て、ついに自由を手に入れたのです。

抱きしめられたビーグルの、安堵したような笑顔がとても印象的ですね。

これからは快適な環境の中、動物実験の恐怖やストレスからも解放され、「犬」らしく自由に残りの日々を楽しんで欲しいですね。そして、どうか優しい里親にも恵まれ、最高の生涯を送れていることを願います。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi みかみしょうご
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード