犬を無視するか、クビになるかの選択

引用の出典元:www.thedodo.com

ピザの配達をしていたのは、スティーブン・ドノバンさん。いつものように車にピザを乗せ、注文先に向かっていました。

突然、車が走り抜ける大通りを犬が横切っていく姿を目撃します。その瞬間、スティーブンさんは迷いませんでした。すぐに大通りに車を停め、危うげな犬を守ることを優先したのです。

時間通りにピザを届けずに犬を保護していたことが店主に分かれば、職を失ってしまう可能性すらあります。それでも彼はその場に犬を残して立ち去ることはできませんでした。

ネームタグに書かれた犬の名前と住所

引用の出典元:www.thedodo.com

幸運なことに、すぐにその犬を捕まえることができ、車の後部座席に乗せました。もうこれで安心です。交通事故から犬は守られました。

見れば、このオス犬には首輪が装着されており、青いネームタグも付いています。彼の名前は"スニッカーズ"、住所はこの場所から数キロ先とさほど遠くないことも分かりました。

無事に犬の安全を確保できたスティーブンさんは、まずはピザを届けなければならないと判断します。

注文先の家族にピザを手渡すと同時に遅くなったことを謝りました。そして、配達時間が遅れてしまった理由を説明すると家族は理解を示し、まったく怒る様子はありませんでした。

配達先に向かう途中、スニッカーズはイイ匂いのするピザを食べようというそぶりすら見せないイイ子だったそうです。

クビになるのは覚悟の上

引用の出典元:www.thedodo.com

スティーブンさんの行動は善意そのものです。しかし、その行動は確実に店主からのお叱りを受けることは目に見えています。

場合によっては、「クビ」です。それでも尚、彼は「ネームタグに書かれた住所までスニッカーズを届けなければ」と考えていました。

「もう、クビになっても構わない。とにかく彼を飼い主に届けなければ」と自分のことは隅に置いていたのです。

引っ越し前の家に戻ろうとしていた犬

引用の出典元:www.thedodo.com

タグに書かれた住所に近づくにつれ、スニッカーズは車がどこに向かっているのかを理解し、尻尾をブンブン振って喜び始めました。

こうしてスニッカーズの家に到着したのですが、なぜか誰も出てきません。スニッカーズのネームタグに書かれた住所は古いままだったのです。

隣人がスニッカーズを見つけると、最近スニッカーズも一緒に引っ越したばかりだという話をしてくれました。

どうやら、スニッカーズは新しい家から誤って脱走してしまい混乱した結果、古い家に戻ろうとしてウロウロしていたのです。

隣人は引っ越し先の飼い主に連絡を入れ、必ず犬を引き渡すことをスティーブンさんに約束し、彼も安心してスニッカーズを預けたそうです。

自らの職を失うことを覚悟の上で1匹の犬を救ったスティーブンさんは、まさしくナイスガイです。

ところで、気になる彼のクビ問題ですが、残念ながら情報はここまでしか入っていません。しかし、こんなに有名になってしまった心優しきナイスガイを、ピザ店主もクビにすることはできないでしょうね。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード