犬について考える

このページでは、私たち愛犬家が犬との暮らしを楽しむ上で「考えるべき」ことについて言及しています。犬という生き物の行動や習性だけでなく、人と犬が共生する社会全体に目を向けたまとめ記事を一覧しています。人と犬が楽しく共生できる素敵な社会の実現を目指して、人々に考えるきっかけを与えるカテゴリです。

「犬について考える」のピックアップ一覧

飼育放棄され、あばら骨の数がわかるほど痩せたマスティフの結末が悲しすぎる
飼育放棄され、あばら骨の数がわかるほど痩せたマスティフの結末が悲しすぎる

犬からの愛情を踏みにじるような悲劇が起きてしまいました。飼い主への愛情が深いことで知られる超大型犬のイングリッシュマスティフは、飼い主から飼育放棄されていたのです。イギリス・RS ...

犬は戦略的なウソをつけるほど賢い!?最新の研究で証明される犬の能力の秘密
犬は戦略的なウソをつけるほど賢い!?最新の研究で証明される犬の能力の秘密

「うちのワンコはなんて賢いの!」と、愛犬の知的能力に驚かされたことがありませんか?よく、犬は人間の2~4歳児程度の知能があると言われますが、自分の目的達成やメリットのために「ウソ ...

車に残された犬を救う法律
車に残された犬を救う法律

そろそろ初夏の足音が聞こえ始める季節となりました。犬とのお出かけに最適な気候ですが、裏を返せば車中で犬を待たせるにはすでに危険な季節です。アメリカはフロリダ州では先月、車中に残さ ...

「おとなしすぎる」と捨てられた犬、人間不信を乗り越えるまでの長き道のり
「おとなしすぎる」と捨てられた犬、人間不信を乗り越えるまでの長き道のり

虐待や飼育放棄などさまざまな過去を持って生きる保護犬たち。理由はそれぞれでも、その大半が多かれ少なかれ心に傷を負っています。その心のケアと新しい環境への順応性を高めるために必要不 ...

ただ1頭、屋根の上で暮らしていた犬。虐待の罪深さを感じさせられた最期に胸が痛む
ただ1頭、屋根の上で暮らしていた犬。虐待の罪深さを感じさせられた最期に胸が痛む

飼育放棄など何らかの理由によって保護された犬に行われる『リトレーニング』。大切なのはその犬の得意なことと苦手なことを把握し、何が必要なのか判断すること。新しい飼い主を探すために、 ...

捨てられた辛さを抱えて生きること。突然家族を失ってしまったゲンの再起
捨てられた辛さを抱えて生きること。突然家族を失ってしまったゲンの再起

ネグレクト、虐待、飼育現場崩壊…さまざまな理由から家を失った犬たち。安心して暮らせる新たな家とあたたかい家族を見つけるために、“リトレーニング”が犬たちの希望の道となることを祈っ ...

【不審物で愛犬が死亡】少年が見た愛犬の最期は、毒で苦しむ姿だった。
【不審物で愛犬が死亡】少年が見た愛犬の最期は、毒で苦しむ姿だった。

いつもの散歩道に見慣れないものがあったら、絶対に触れてはいけません。それがたとえ自宅から近い場所だったとしても、です。アメリカに住む少年は、3歳になるゴールデンレトリバー"ケーシ ...

全身紫色のカラースプレーで固められた犬、その理由は飼い主の無知にあった!
全身紫色のカラースプレーで固められた犬、その理由は飼い主の無知にあった!

世界中どこを探したって、紫色の被毛をした犬なんているわけがありませんよね。ところが、南米・エクアドルの動物病院にやって来た犬は、全身が紫色だったのです。いったいこの犬に何が起きた ...

酷い虐待で逮捕!愛犬を電動カートに首から繋いで引きずり回していた鬼の飼い主
酷い虐待で逮捕!愛犬を電動カートに首から繋いで引きずり回していた鬼の飼い主

アメリカで愛犬を虐待したとして、ひとりの男性が逮捕されました。信じられないことに、電動カートに愛犬を繋いで引きずり回していたというのです。これに立ち向かったのは、近所に住む女性で ...

イギリス原産犬種が絶滅の危機!?『流行りの犬を買う』ことが意味すること
イギリス原産犬種が絶滅の危機!?『流行りの犬を買う』ことが意味すること

テリアをはじめ、多くのイギリス原産の犬種を抱えているイギリス。日本ではまだまだ珍しい犬種の宝庫です。日本国内では希少な犬種だけで、イギリスではよくお目に掛かるのだろう…と思ってい ...

犬が寒さに強いは誤り?冬の屋外にある犬小屋が信じられないほど寒いことを実験で証明した獣医師
犬が寒さに強いは誤り?冬の屋外にある犬小屋が信じられないほど寒いことを実験で証明した獣医師

巷には、『犬は寒さに強い動物』という認識が浸透しています。しかし、本当にそうなのでしょうか?アメリカのある獣医師が、屋外の犬たちが冬の夜をどのようにしのいでいるのかを知るために、 ...

子犬購入→「イメージと違う」とんでもない理由で愛犬を整形させた身勝手な家族
子犬購入→「イメージと違う」とんでもない理由で愛犬を整形させた身勝手な家族

このところ犬がらみの物騒な話ばかりが続くロシアから、またしてもショッキングなニュースが届きました。犬の耳の形をめぐり、災難を被ってしまったのは今回も犬でした。それは、飼い主のまっ ...

【狂気】我が子を川で溺死させようとしていた母親を阻止したのは通りすがりのピットブルだった!
【狂気】我が子を川で溺死させようとしていた母親を阻止したのは通りすがりのピットブルだった!

オーストラリアよりショッキングなニュースが飛び込んで来ました。実の母親が9歳の息子を川で溺死させようとしていたというのです。この信じられない現場近くにたまたま居合わせたのは、ピッ ...

蔓延する差別に感じる大きな不安...全盲の青年が盲導犬と撮影したリアルな世界
蔓延する差別に感じる大きな不安...全盲の青年が盲導犬と撮影したリアルな世界

皆さんは多くの人が行き交う街中で、盲導犬を連れて歩いている方を見かけたことがありますか?目が見えないということは、普通に生活すること・ましてや外出することが困難になることは誰でも ...

「犬の鳴き声がうるさい」クロスボウの矢を民家に放った45歳無職の日本人男性
「犬の鳴き声がうるさい」クロスボウの矢を民家に放った45歳無職の日本人男性

犬がワンワン吠えるのは仕方がないことだ、などと放置していると、とんでもない事件に巻き込まれてしまうかもしれません。2015年、大阪に住む男性が隣家の犬の鳴き声にイラついて、クロス ...

犬種差別を無くしたい!強面のピットブルの印象を変えるために女性が思い付いた方法
犬種差別を無くしたい!強面のピットブルの印象を変えるために女性が思い付いた方法

アメリカに暮らすピットブルのある飼い主は、散歩の中に人々が愛犬を怖がったり避けて通るのに気付きます。そこで、『あること』を試してみることに決めました。その得策とは一体何だったので ...

信じられない暴挙に出た男...恋人の破局の犠牲になってしまった子犬
信じられない暴挙に出た男...恋人の破局の犠牲になってしまった子犬

人々がペットを手放す理由はいろいろあります。引っ越し、病気、老化、経済的問題など…。どれも勝手な言い分です。近年では、わたしたちのライフスタイルの変化も手伝ってか、離婚や破局によ ...

知らなくてはいけない現実、韓国の犬肉産業の裏側で起きている驚愕の事実に迫る!
知らなくてはいけない現実、韓国の犬肉産業の裏側で起きている驚愕の事実に迫る!

「犬が悲惨な目に遭っていることなんか、知りたくない!」そんな心の叫びが聞こえてくるほどの「現実」がそこにはありました。今回は、韓国の心あるグループが撮影した、悲惨な犬肉農場の裏側 ...

今や人間同士だけではない?!アメリカ発の保護犬と人間のマッチングサービスとは?
今や人間同士だけではない?!アメリカ発の保護犬と人間のマッチングサービスとは?

アメリカでユニークで画期的なマッチングサービスが開始されたというニュースが飛び込んできました。マッチングするのは人間同士ではありません。今後のトレンドは、保護犬と里親をマッチング ...

世間が抱くネガティブな印象を払拭したい!ピットブルに対する偏見を無くす画期的な取り組みとは?
世間が抱くネガティブな印象を払拭したい!ピットブルに対する偏見を無くす画期的な取り組みとは?

ポジティブなイメージより、どうしてもネガティブなイメージが付きまとってしまいがちなピットブル。そんな中、シェルターにいるピットブルに里親を見つけやすくするために立ち上がった、アメ ...

残虐極まりない犯人を捜せ!両耳と鼻をそぎ落とされたロットワイラーに言葉も出ない
残虐極まりない犯人を捜せ!両耳と鼻をそぎ落とされたロットワイラーに言葉も出ない

犬を引っ越しゴミと一緒に捨てていく住人が多発するデトロイトで、またもや犠牲となった犬が発生しました。しかし、今回のケースは尋常ではありません。通報を受けた動物保護団体のスタッフは ...

「これでも使える?」自らの首に『電気ショック首輪』を装着し危険を訴える男性
「これでも使える?」自らの首に『電気ショック首輪』を装着し危険を訴える男性

犬の無駄吠えトレーニング用として販売される『電気ショック首輪』。「うちの子、無駄吠えしてご近所に迷惑かけてるから使ってみようかな」と購入を検討されているなら、ちょっと待ってくださ ...

「ペットショップでは保護動物のみ販売可能」米国で可決された条例に未来を感じる!
「ペットショップでは保護動物のみ販売可能」米国で可決された条例に未来を感じる!

アメリカ西海岸の大都市、サンフランシスコでペットショップでの生体販売に関する条例が可決されました。ペットショップで販売できる犬・猫は、保護動物に限る、というものです。これはまさに ...

【涙腺崩壊】あなたは家族から捨てられた老犬が泣くのを見たことがありますか?
【涙腺崩壊】あなたは家族から捨てられた老犬が泣くのを見たことがありますか?

老犬は、病気を理由に家族から動物管理センターに捨てられてしまいました。持ち込んだのは老夫婦です。老犬は飼い主から離された寂しさで延々と泣き続けました。そして2日後、悲しい涙を目に ...

遺されたメッセージが辛すぎる...動物保護施設で働く獣医はなぜ自殺したのか?
遺されたメッセージが辛すぎる...動物保護施設で働く獣医はなぜ自殺したのか?

獣医師として高い志を持ち活躍していたはずの女性。しかし、心優しい獣医師だったことが、徐々に彼女の心を苦しめていきます。今回は、台湾の動物保護施設で働いていた獣医師が自らの命を絶つ ...

生体オークションから108匹の犬を救出!しかし、そこには新たな問題が残されていた。
生体オークションから108匹の犬を救出!しかし、そこには新たな問題が残されていた。

アメリカ、ミズーリー州で、8人の女性ボランティアグループにより「キャバリア・レスキュー・オペレーション」と呼ばれる大々的な救出作戦が行われました。劣悪な環境下で飼われていたキャバ ...

冷酷すぎる!書類不備で搭乗を拒否された意見を極寒の中置き去りにして凍死させた夫婦
冷酷すぎる!書類不備で搭乗を拒否された意見を極寒の中置き去りにして凍死させた夫婦

ロシアから、愛犬家には耐えがたいニュースが飛び込んできました。書類不備が原因で愛犬の搭乗を拒否されたある夫婦が、あまりにも言語道断な行動に出たのです。この夫婦の愚行は世界に知れ渡 ...

虐待で瀕死だった犬が一命を取り止めるも、その姿から人間の惨さに絶望してしまう。
虐待で瀕死だった犬が一命を取り止めるも、その姿から人間の惨さに絶望してしまう。

動物虐待は決してあってはならないことにもかかわらず、日本、それから世界各地で動物たちは残酷な人間たちの手による虐待の手を逃れることができません。今回は日本の裏側のアルゼンチンのニ ...

驚愕の事実...米国で毎年10,000頭もの犬が警官に殺される原因と対策について考える
驚愕の事実...米国で毎年10,000頭もの犬が警官に殺される原因と対策について考える

家の庭でのびのびと過ごす飼い犬と、街の平和を守る警官。彼らは一見、相まみれることのなさそうな両者ですが、近年アメリカ合衆国では警官に殺される飼い犬の数が急激に増加。野良犬ならまだ ...

ドイツで起きた多頭飼育の崩壊から、ペット産業の闇を考える。
ドイツで起きた多頭飼育の崩壊から、ペット産業の闇を考える。

サッカー文化が盛んなことから日本人にも馴染みが深いドイツはドルトムントですが、実は多頭飼育崩壊によって15匹の犬たちがレスキューされました。犬を飼うこと、それからペット産業につい ...

1 2 3 4 5 >>

犬について考えるに関連するキーワード

「犬について考える」に関連する話題のキーワード