犬について考える

このページでは、私たち愛犬家が犬との暮らしを楽しむ上で「考えるべき」ことについて言及しています。犬という生き物の行動や習性だけでなく、人と犬が共生する社会全体に目を向けたまとめ記事を一覧しています。人と犬が楽しく共生できる素敵な社会の実現を目指して、人々に考えるきっかけを与えるカテゴリです。

「犬について考える」のピックアップ一覧

フード購入特典で生体が半額?命の叩き売りにも見える売り文句にネット上では怒りの声も
フード購入特典で生体が半額?命の叩き売りにも見える売り文句にネット上では怒りの声も

「5年のフード定期購入するだけで!生体半額」と、黄色い背景に赤文字でド派手な旗を掲げるペットショップ。命の叩き売りにも見て取れる売り文句に、ネット上では怒りの声が上がっている模様 ...

ひたすら子犬を産み続けた12年間。身も心もボロボロにされた犬を見て何を感じる?
ひたすら子犬を産み続けた12年間。身も心もボロボロにされた犬を見て何を感じる?

「パピーミル」という言葉がある。日本語で直訳すると「子犬工場」。消費社会において、ペットショップの店頭で販売されている可愛らしい子犬たちの笑顔の裏で、壮絶な生涯を強いられている犬 ...

死んだ犬たちの匂いが漂う"犬捨て山"から奇跡の生還!瀕死の犬を救った真実の愛
死んだ犬たちの匂いが漂う"犬捨て山"から奇跡の生還!瀕死の犬を救った真実の愛

アメリカ・テキサス州のダラス南部にはドーディ・フェリー・ロードと呼ばれる場所があります。そこはとあることで有名です。そのとあることとは…? ...

犬の牙が凶器になる場合も?自然保護区でのリード義務を守ることの意味
犬の牙が凶器になる場合も?自然保護区でのリード義務を守ることの意味

ドイツの都市では、犬たちがリードなしで自由に歩き回っている姿をよく見かけます。最近首都ベルリンでは規制がかかりつつありますが、とある場所では犬のリードが必要です。その場所とは一体 ...

路上で暮らす野良犬たちを幸せにしてくれたのは、たった9歳の少年でした。
路上で暮らす野良犬たちを幸せにしてくれたのは、たった9歳の少年でした。

フィリピンで暮らす少年・ケンくんは、大の動物好きな男の子。動物をこよなく愛する彼は、傷付いた野良犬たちを放っておくことができませんでした。そんなケンくんの夢は、行き場を無くした動 ...

犬と暮らすための最初の条件(転載元:DogActually)
犬と暮らすための最初の条件(転載元:DogActually)

少し前の話だが、今年(2013年)の3月にドイツ国内の民法を審理する連邦裁判所(連邦最高裁判所)が「賃貸契約の約款(やっかん)において、猫と犬の飼育に対し大家の許可を必要とするこ ...

22匹の犬たちが夏の車の中から保護、厄介すぎる"超多頭飼育"の飼い主に思うこと
22匹の犬たちが夏の車の中から保護、厄介すぎる"超多頭飼育"の飼い主に思うこと

日本でも暑さが続きますが、アメリカでもうだるような暑さが続きます。そんな中、ニューヨークで車の中からなんと22匹の犬たちが保護されました。 ...

漫画が人々の意識を変えていく...動物愛護を啓蒙するアメリカの漫画家が素敵すぎる!
漫画が人々の意識を変えていく...動物愛護を啓蒙するアメリカの漫画家が素敵すぎる!

ピーター・マクドネルの漫画『MUTTS』は、現在世界中700以上の新聞に掲載されています。漫画の主人公は犬のアールと猫のムーチ。そして、シェルターの動物たちです。彼は漫画を通じて ...

犬は初めての飼い主を決して忘れない!たとえ、飼い主に捨てられたとしても。
犬は初めての飼い主を決して忘れない!たとえ、飼い主に捨てられたとしても。

飼い主から捨てられた犬の気持ちを想像してみてください。「何か僕が悪いことをしちゃったのかな。ごめんなさい。これからはずっとお利口にしているから、お家に連れて行って!また一緒にお散 ...

3年間で250匹!殺処分されるはずだった犬たちを救ってきた男の活動がスゴすぎる!
3年間で250匹!殺処分されるはずだった犬たちを救ってきた男の活動がスゴすぎる!

アメリカでも問題となっている犬の殺処分。一匹の犬を殺処分から救うためにどんなことができるでしょうか?とある元米兵の男性は、退役後から始めた動物保護施設での活動で、殺処分になる予定 ...

オリンピックに湧くリオ、その裏では銃撃戦により犬の命も危険にさらされている
オリンピックに湧くリオ、その裏では銃撃戦により犬の命も危険にさらされている

2016年オリンピック開催地のリオには世界中の注目が集まっています。しかし、リオの治安の悪さは数多くの犠牲者を出し、犬たちもまた被害を受けているのです。今回は、リオの銃撃戦による ...

人間の都合で捨てられた犬の最期は安楽死だった。彼の最期に何を思うのか?
人間の都合で捨てられた犬の最期は安楽死だった。彼の最期に何を思うのか?

「我々にできることは、彼をこれ以上苦しませずに、安らかに眠らせてあげること」。ごみ捨て場に捨てられた犬を必死に看病した人々の苦渋の決断。その決断に至るまでにはどのようなことがあっ ...

闘犬のために犠牲にされるベイト犬、彼が人間の顔を舐めることができなかった理由とは?
闘犬のために犠牲にされるベイト犬、彼が人間の顔を舐めることができなかった理由とは?

違法の闘犬場から保護された一匹のピットブル。その犬は非常に大人しく、人間が大好き。しかし、なぜか人間の顔を舐めることができませんでした。この犬に一体何があったのでしょう? ...

【命の期限は72時間】殺処分の現場にカメラが潜入して見えてきた、日本のペット文化が抱える闇
【命の期限は72時間】殺処分の現場にカメラが潜入して見えてきた、日本のペット文化が抱える闇

行き場を失った犬や猫たちが収容される動物愛護センター。そこに収容された犬や猫たちには"命の期限"を設けられ、残酷にも殺処分とされてしまう子達が多くいます。今回は、動物愛護センター ...

パキスタンで数百匹の犬が殺処分...目を覆いたくなるような光景に何を感じる?
パキスタンで数百匹の犬が殺処分...目を覆いたくなるような光景に何を感じる?

ふと見つけてしまったこの記事…。パキスタンの首都カラチで行われた大規模な犬の殺処分。愛犬家ではなくとも、目を覆いたくなるような写真や動画から私たちは何を学べば良いのでしょうか。 ...

「保健所の犬たちには人を救う力がある」19歳の少女が始めた素敵すぎる写真プロジェクト
「保健所の犬たちには人を救う力がある」19歳の少女が始めた素敵すぎる写真プロジェクト

可愛らしいハートが散りばめられた一枚の犬の写真。見るものを独特の世界へ引き込むこの写真は、保健所の犬たちを救いたいと願う19歳の少女が始めた写真プロジェクトによって生まれた作品で ...

高級ホテルで里親探し?カナダの犬好きホテルが始めた画期的な救出プログラムとは?
高級ホテルで里親探し?カナダの犬好きホテルが始めた画期的な救出プログラムとは?

カナダのオタワ市にある高級ホテル、ウェスティンホテルでは犬を連れた宿泊客へのサービスとして新しいプロジェクトを考えました!飼い主のいない犬たちを救うためにホテルのロビーで里親募集 ...

千葉県のゴミ屋敷で飼育されていた紀州犬の最期は、警察官による射殺だった
千葉県のゴミ屋敷で飼育されていた紀州犬の最期は、警察官による射殺だった

2015年9月、千葉県松戸市で紀州犬が人間を噛んだとして、警察官によって射殺された事件をご存知の方も多いかもしれません。この紀州犬はなぜ人を噛むようになってしまったのか?今回は、 ...

動物にも行き届いた福祉国家!オランダには動物専用の救急車がある
動物にも行き届いた福祉国家!オランダには動物専用の救急車がある

動物愛護先進国としてドイツやイギリスが日本では注目されていますが、実はオランダも様々な取り組みを行っているので、ご紹介します! ...

【軍隊で働く犬たち】米軍史上はじめてミリタリードッグとして戦場に行った英雄
【軍隊で働く犬たち】米軍史上はじめてミリタリードッグとして戦場に行った英雄

働く犬というとどんなイメージがありますか?アメリカには米軍に所属して実際に戦地で人間と一緒に戦うミリタリードッグがいます。最初にミリタリードッグとして戦場に行き、いまでもアメリカ ...

カリフォルニア州最後の安楽死用ガスチェンバー廃止に想うこと
カリフォルニア州最後の安楽死用ガスチェンバー廃止に想うこと

今月初旬にカリフォルニア州のあるシェルターの最後の安楽死用ガスチェンバーの使用が廃止されました。今日のアメリカにおけるシェルターに行き着いた犬猫の安楽死の事情をお伝えします。 ...

中国からアメリカに渡った犬...実はあと少しで食べられてしまう寸前だった!
中国からアメリカに渡った犬...実はあと少しで食べられてしまう寸前だった!

近年、犬を食用とすることに関して多くの人々が嫌悪感を示し、世界中で抗議活動が起こっているのは皆さんもすでにご存知の通りです。中国で食べられる寸前の運命にあったある犬は、ある女性に ...

ペットとの暮らしから子どもが学ぶ生物概念(転載元:DogActually)
ペットとの暮らしから子どもが学ぶ生物概念(転載元:DogActually)

幼少期から犬や猫などの動物とともに暮らすことにより、健康的・精神的発達に良い影響を及ぼす可能性があることは、さまざまな研究により示されてきています。アメリカのノースカロライナ大学 ...

犬の貯蔵庫と化した民家から保護された276匹のワンコたち!虐待に問われた無責任な飼い主
犬の貯蔵庫と化した民家から保護された276匹のワンコたち!虐待に問われた無責任な飼い主

アメリカ・ニュージャージー州の民家から、276匹もの犬が保護されました。虐待などの罪に問われたのは、ブリーダーではなく一般家庭の夫婦です。いったい、何が起きたというのでしょうか。 ...

「金曜日の朝、どうかシッポを振らないで」保健所で毎週 "命のボタン" を押す職員の心中
「金曜日の朝、どうかシッポを振らないで」保健所で毎週 "命のボタン" を押す職員の心中

保健所には、様々な理由で犬や猫が持ち込まれます。譲渡会によって里親が見つかった犬たちはほんの一握りです。残った犬や猫は人間の都合の犠牲となり、安楽死の名のもとに命を奪われるのです ...

愛犬とずっと一緒にいる方法があるとしたら?クローンにされるペットたち
愛犬とずっと一緒にいる方法があるとしたら?クローンにされるペットたち

あなたの亡くなった愛犬が生まれ変わって生き続けられるとしたら、あなたは自分の愛犬を「クローン」にしたいと思いますか?犬のクローン化が実際に行われています。韓国では10万ドルで愛犬 ...

倫理感はどこへ?先天性奇形を持った仔犬を繁殖し続けた悪徳ブリーダー
倫理感はどこへ?先天性奇形を持った仔犬を繁殖し続けた悪徳ブリーダー

アメリカには望ましくない環境で仔犬の繁殖を行うパピー・ミルの他に、一般人が裏庭で仔犬の繁殖を行うバックヤード・ブリーダーがいて、どちらとも問題として取り上げられることがあります。 ...

野良犬用の自動給餌機にびっくり!動物と人が共存するトルコ流・動物愛護の考え方
野良犬用の自動給餌機にびっくり!動物と人が共存するトルコ流・動物愛護の考え方

トルコという国名を聞いたことがない、という人はいないと思います。しかし、トルコの犬や猫などに対する動物愛護の考え方まで知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は、日本とはま ...

中国の犬肉祭りから保護された200匹あまりの犬猫たち
中国の犬肉祭りから保護された200匹あまりの犬猫たち

ここ数年、世界中で大きな議論を巻き起こしている中国の犬肉祭りが、今年も6月21日に開催されました。この犬肉祭りのために調達された200匹あまりの犬猫が、中国の動物保護団体に救出さ ...

中国よりもヤバい?韓国の犬肉農場と動物愛護団体の交換システムとは
中国よりもヤバい?韓国の犬肉農場と動物愛護団体の交換システムとは

毎年世界中から非難殺到の中国の犬食祭、しかしそのお隣韓国では中国に負けず劣らず食肉農場が今でも稼働している現状があります。そんな韓国の犬肉農場をひとつでも減らすべく、国際動物愛護 ...

<< 2 3 4 5 6 >>

犬について考えるに関連するキーワード

「犬について考える」に関連する話題のキーワード