\ 高齢犬に優しい健康食 /

限定特価で販売中

安楽死

愛犬も必ず"死"を迎えます。治療が困難なため、病気に苦しみ、痛みに耐えて"死"を迎えなければいけない子だっているでしょう。そんな時に飼い主の下す決断として「安楽死」があります。「安楽死」に関しては賛否両論あります。早いうちから愛犬の寿命や最期を考えておきたいものです。

「安楽死」の記事一覧

殺処分ゼロ,安楽死禁止,台湾
【すし詰めが招いた不幸な死】安楽死が禁止された台湾が大変なことになっている

殺処分ゼロは全世界の愛犬家が願うところですが、安楽死を禁止する法律の施行から半年を迎えた台湾 ...

高齢犬,脱走,救出
大勢の助けも虚しく安楽死…嵐の日に自宅から脱走した高齢犬は大木の下敷きに。

高齢犬はすでに目も耳も不自由な体でした。その日、ペンシルバニア州を嵐が襲い、高齢犬は嵐から逃 ...

シェルター,ピットブル,安楽死,アメリカ
生活苦で愛犬をシェルターに。悲しみに耐えられず翌日迎えに行くと愛犬は安楽死させられていた

生活に困窮した飼い主は、愛犬を手放す決断をしシェルターに持ち込んだものの、いつも目の前にいる ...

飼育放棄,イングリッシュマスティフ,イギリス
飼育放棄され、あばら骨の数がわかるほど痩せたマスティフの結末が悲しすぎる

犬からの愛情を踏みにじるような悲劇が起きてしまいました。飼い主への愛情が深いことで知られる超 ...

子犬,障がい,保護,寄付
「安楽死なんかさせない!」麻痺した体で這いつくばって助けを求めた子犬の奇跡

脊髄損傷で下半身不随になった子犬は、ボツワナの湿地帯を這いつくばって人間のいるキャンプまで辿 ...

障がい,命,ボクサー犬
「僕は生きたい!」安楽死の勧告を乗り越えた、生まれつき前足がない子犬の魂の叫び

ボクサー犬の赤ちゃんは、生まれつき前足に障がいを抱えていました。獣医の元で出産が行われたので ...

動物保護施設,動物保護団体,里親
飼い主に捨てられ安楽死を控えた犬、大好きなぬいぐるみと一緒に幸せへの1歩を踏み出す!

アメリカの動物保護施設に、いつものごとく飼い主によって1匹の犬が持ち込まれます。犬は「象のぬ ...

安楽死,アメリカ,
共に戦火をくぐり抜けた愛犬に、安楽死でピリオドを打った男性の姿が涙を誘う

飼い主自らの意思で犬の命の期限を決める「安楽死」を選択することは、苦渋以外のなにものでもあり ...

ピットブル,動物保護施設,里親
安楽死を免れたピットブルの「大好きのハグ」が胸を打つ。

動物保護施設のボランティアをしている女子大学生が出会ったのは、耳や尻尾の毛が抜けたピットブル ...

1 2 3 4 >>