\ 高齢犬に優しい健康食 /

限定特価で販売中

保護犬

迷子になって飼い主と離ればなれになってしまったり、悲しくも捨てられてしまったりして保護施設に収容される犬たち。保護団体の活動では、里親会や譲渡会を通じて彼らの新しい家族を探しています。また、犬を飼う際にはペットショップではなく、保護犬を迎え入れる人も多くなってきましたね。

「保護犬」の記事一覧

保護,病気,チェリーアイ,アメリカ
保護した子犬には傷痕や瞼の炎症...誰もが里親は現れないと思うも奇跡的な展開が!

アニマルシェルターには様々な犬が持ち込まれたり保護されたりします。カリフォルニア州のヒューマ ...

ダイエット,健康,アメリカ
いつ心臓が止まってもおかしくない...太りすぎた保護犬の命がけのダイエットとは?

「飼育放棄」、と聞けばガリガリに痩せ細った犬の体を想像しますが、この犬はその真逆でした。飼い ...

捨て犬,ブリーダー,里親,アメリカ
成長し過ぎて商品にならないと捨てられた「クマ犬」から学ぶ、里親の必要性

大きく成長してしまった子犬は明らかに商品価値が落ちることから、そのブリーダーは5ヵ月のポメラ ...

ダルビッシュ有,里親,ピットブル,Twitter
ダルビッシュがピットブルの里親に!?彼の行動とTwitterが起こした奇跡に賞賛

大リーグのレンジャーズで活躍するダルビッシュ有投手が、里親募集をしていた男性のTwitter ...

高齢犬,バケットリスト,里親
遅すぎることはない!飼い主に先立たれた18歳の保護犬が教えてくれる『最高の犬生の見つけ方』

飼い主は18歳になる愛犬よりも先に旅立ってしまいました。幸いにも、残された高齢犬の"モーガン ...

保護犬,里親,保護活動
良縁に恵まれなかった3本足の保護犬・大志、運命の里親とは赤い糸で繋がっていた!

保健所や管理所に抑留された保護犬を、民間の保護活動家がレスキューし面倒を看ている姿には頭が下 ...

虐待,保護,動物保護団体,アメリカ
虐待を受け続け恐怖心を植え込まれた犬。それでも人間を信じて甘える姿に涙が溢れる

アニマルシェルターに保護されたメス犬"ニヤ"の体には、殴られた跡や傷があちこちにありました。 ...

老犬,動物保護団体,
なぜ最期まで一緒に過ごしてあげない?20歳にして飼い主に見捨てられた老犬

愛犬に長生きしてほしい、と願わない飼い主はいないはず。もちろん、年老いた愛犬の世話は大変なこ ...

捨て犬,ハイ・キル・シェルター,動物保護団体,里親,アメリカ
捨てられた2匹の犬は、不安を打ち消すかのように互いに抱き合い続けた。

飼い主は、殺処分率の高いハイ・キル・シェルターに2匹の犬を持ち込みました。犬たちは飼い主から ...

<< 1 2 3 4 5 >>