Tsunayoshi

Tsunayoshi[ツナヨシ]|犬の飼い方が学べる情報サイト

Tsunayoshi [ツナヨシ]は、情報発信と社会問題の解決を支援する、社会支援(Social Support)メディアです。

インターネットメディア事業の側面としては、犬猫の殺処分をはじめとする様々な社会問題の啓蒙や問題提起を行うだけでなく、犬と暮らす愛犬家のケアを目的とした質の高い情報を日々配信しています。

Tsunayoshi [ツナヨシ]の記事を執筆するライター陣には…

・ドッグトレーナー
・獣医師
・動物看護師
・ドッグライフアドバイザー
・海外在住の保護団体スタッフ
(イギリス、ドイツ、アメリカ等)

など、バラエティー豊かな犬のプロ達を中心に、犬を心から愛してやまないライター陣によって運営されています。私たちは月間50万人に及ぶ多くの読者様に支えられ、愛犬家に必要な情報や知識、そして倫理観をテーマに犬と生きていくことを真剣に考えています。

社会支援(Social Support)事業の側面としては、全国のNPOや動物保護団体と連携することで、国内における犬猫の殺処分0を目指しています。『各団体の経済的な自立を可能にする』ことを理念としており、最終的には社会的インフラを築くことを目標にしています。

また、Tsunayoshi [ツナヨシ]の情報発信と拡散能力を最大限に利用することで、多くの人々に社会問題について認知してもらう活動を行っています。

環境省自然管理局の報告によると、平成26年度(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)において殺処分の対象となってしまった犬猫は101,338頭にも昇ります。

101,338頭もの尊い命が殺処分されてしまうという大きな社会問題に取り組むべく、WEB上における強い拡散力を駆使したインターネットメディアと、実益によってNPOや保護団体の活動支援を行う社会支援(Social Support)を組み合わせた独自の事業展開を行っています。

\ 今日の人気ランキング TOP3 /

中国の医学生が動物実験に使った犬を屋上に遺棄し波紋が広がる
中国の医学生が動物実験に使った犬を屋上に遺棄し波紋が広がる

動物実験に使われ傷ついた犬たちが、手足や口を縛られ屋上に遺棄されていました。信じられないことに、このショッキングなできごとが起きた場所は、中国の陝西省(せんせいしょう)にある医学 ...

成長し過ぎて商品にならないと捨てられた「クマ犬」から学ぶ、里親の必要性
成長し過ぎて商品にならないと捨てられた「クマ犬」から学ぶ、里親の必要性

大きく成長してしまった子犬は明らかに商品価値が落ちることから、そのブリーダーは5ヵ月のポメラニアンをシェルターに持ち込みました。ラッキーなことに子犬には素敵な里親が現れます。里親 ...

犬はラフランス(洋ナシ)を食べることができる?意外と多いNGな果物たち
犬はラフランス(洋ナシ)を食べることができる?意外と多いNGな果物たち

人間は食べられても、犬は食べられない食べ物ってありますよね。玉ねぎにチョコレート。食べてしまったら、死んでしまいますが。犬に食べさせない方が良い「フルーツ」も多いのですが、洋ナシ ...

\ 最新の記事をチェックしよう!/

難病の少女、自ら介助犬を育て上げる!2人の間に流れる特別な絆が美しい
難病の少女、自ら介助犬を育て上げる!2人の間に流れる特別な絆が美しい

難病で学校を辞めざるを得なかった13歳の少女クロエさんは、以前飼ったことのある「イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル」の介助犬を探し始めます。しかし、介助犬の訓練をサポートす ...

恐ろしい異臭が漂う「恐怖のゴミ屋敷」から、ガンに侵された16歳の老犬が救出される!
恐ろしい異臭が漂う「恐怖のゴミ屋敷」から、ガンに侵された16歳の老犬が救出される!

ありとあらゆるところに腐ったゴミが散乱し、外部にまで悪臭が漏れていた「恐怖のゴミ屋敷」から、16歳の老犬が発見されました。しかも、老犬は新鮮なエサも水もない中で悪性腫瘍を抱えて懸 ...

迷子だった保護犬は、2年経っても大好きな飼い主の匂いだけは忘れていなかった...!
迷子だった保護犬は、2年経っても大好きな飼い主の匂いだけは忘れていなかった...!

アルゼンチンで迷子犬が保護されましたが、2年経っても飼い主も里親も現れません。保護犬はいつも体を丸め悲しげな表情でした。なんとかまともな写真が撮れたのでSNSにアップしたところ、 ...

散歩道には殺鼠剤や除草剤が撒かれているかも?危険から愛犬の命を守れ!
散歩道には殺鼠剤や除草剤が撒かれているかも?危険から愛犬の命を守れ!

中国の上海市で、「ネズミ撲滅」を狙って殺鼠剤が市の隅々まで撒かれました。ネズミが媒介する疫病を防ぎ、「清潔な国」を目指す中国ですが、2015年には道路に落ちていたキャンディを舐め ...

ゴミ箱に捨てられていた瀕死の犬が保護されて人に甘える喜びを知る
ゴミ箱に捨てられていた瀕死の犬が保護されて人に甘える喜びを知る

ショッピングモール裏手のゴミ箱には、あろうことか病気とケガで傷付いた犬が捨てられていました。発見されたときには立つこともできないほど瀕死状態でしたが、保護されたのち、多くの人から ...

内気だった保護犬が、里親の愛に包まれて見せる「スーパースマイル」が可愛すぎ!
内気だった保護犬が、里親の愛に包まれて見せる「スーパースマイル」が可愛すぎ!

飼い主にとって愛犬の笑顔は嬉しいものです。とは言え、「口を開けて私を見つめているからきっと嬉しいのだな」と、飼い主が勝手に判断していることが多いもの。ところが、今回紹介するピット ...

動物愛護を授業に取り入れた学校が素敵!福岡県の立花高等学校に学ぶ「命のつなぎ方」
動物愛護を授業に取り入れた学校が素敵!福岡県の立花高等学校に学ぶ「命のつなぎ方」

福岡県にある立花高等学校は、大変珍しい授業を取り入れています。その名も「命のつなぎ方」。授業は机に向かうものだけでなく、動物愛護センターの見学や猫の里親になるなど、実際に命に触れ ...

レース中に犬が!?優勝候補レーサーの瞬時の判断とテクニックで救われた1つの命
レース中に犬が!?優勝候補レーサーの瞬時の判断とテクニックで救われた1つの命

ポルトガルで開催されたラリー大会中、3度目の優勝が期待されるレーサーの前に1匹の犬が飛び出してきました。コンマ1秒を争うカーレースですが、レーサーは犬を発見した瞬間ハンドルを切り ...

【これは画期的な判決!】ペットは家族の一員であるとして傷病手当金が支払われる
【これは画期的な判決!】ペットは家族の一員であるとして傷病手当金が支払われる

愛犬が病気になったり年老いたりして、やむなく仕事を休んだことがある人もいらっしゃるかと思います。今回は、愛犬の看病で会社を休んだ女性に対して「傷病手当金」が支払われたという、イタ ...

パピーミルの「地獄」から病気の犬を救うために命を捧げる女性たち
パピーミルの「地獄」から病気の犬を救うために命を捧げる女性たち

女性たちが過去10年間にパピーミル(子犬工場)から救出した犬の数は、12,000匹以上に上ります。パピーミルにはあどけない表情の子犬から、孤独、近親交配、不衛生な環境しか知らない ...

警察官と共に歩んできた警察犬との別れ。一同敬礼で感謝の祈りをささげる姿が胸に迫る
警察官と共に歩んできた警察犬との別れ。一同敬礼で感謝の祈りをささげる姿が胸に迫る

犬の能力の1つである鋭い嗅覚で犯人への手がかりを捜索する警察犬。惜しまれつつ最期を迎えた警察犬への敬意は日本もアメリカも同じです。今回は、日本とアメリカの警察犬に感謝の祈りをささ ...

未来は私たちの手で変える!盲導犬などの代わりに実用化が急がれる"使役犬ロボット"
未来は私たちの手で変える!盲導犬などの代わりに実用化が急がれる"使役犬ロボット"

盲導犬や介助犬など、障がいを持つ人を手助けする使役犬に対する意見が活発化しているのはご存知でしょうか。視覚障がい者が盲導犬を蹴ったり、犬への配慮が欠けていたりする動画が録られSN ...

オシッコをかけられ反射的に野良犬をキック→翌日の男性の行動にビックリ仰天!
オシッコをかけられ反射的に野良犬をキック→翌日の男性の行動にビックリ仰天!

道端に座り込んでスマホに夢中の男性。どこから来たのか、フラッと野良犬が現れて、男性の背中にオシッコをかけ始めたのです。それに気が付いた男性は立ち上がると、思わず反射的に犬を蹴り飛 ...

これでも犬食を認めなければいけないのか!?子犬を火あぶりにする様子をSNSに投稿
これでも犬食を認めなければいけないのか!?子犬を火あぶりにする様子をSNSに投稿

中国に住むとある男性は、犬の肉を食べるのが大好きなのだと言います。男性は子犬を生きたまま焚き火で丸焼きにして食べました。しかし、男性の同僚がこの一連の様子を撮影しており、のちにS ...

裏庭に倒れていたのは負傷した野良犬。人々のケアを受け永遠の家を手に入れる
裏庭に倒れていたのは負傷した野良犬。人々のケアを受け永遠の家を手に入れる

民家の裏庭でケガを負った野良犬が発見・保護されました。犬の被毛は長い放浪生活で薄汚れ、前脚には動物に咬まれた傷跡が。ケガの痛みから人間に唸っていた野良犬でしたが、治療を受けたあと ...

高速道路に紛れ込んだ野良犬は、車の脅威と耳の痛みに耐え人間からの救助を待っていた
高速道路に紛れ込んだ野良犬は、車の脅威と耳の痛みに耐え人間からの救助を待っていた

野良犬が放浪の末にたどり着いたのは高速道路。彼は自分の前を猛スピードで通り過ぎる車を見ていました。「誰かが自分を助けてはくれないか…」と、淡い期待を抱きながら。幸いにも、心優しき ...

イラクの女子大学生が始めたSNSでの里親探しにエールを贈りたい!
イラクの女子大学生が始めたSNSでの里親探しにエールを贈りたい!

イラクは長年の戦争による不安定な状況や、過激派組織イスラム国(IS)の残した爪痕により、人々は想像を絶する状態に追いやられています。当たり前の幸せな暮らしすらできない中、イラクの ...

「愛犬の存在が救いだった」太平洋を5カ月も漂流した女性と犬が日本沖で救助
「愛犬の存在が救いだった」太平洋を5カ月も漂流した女性と犬が日本沖で救助

ハワイを出航した女性2人と犬2匹は、タヒチ島に向かう途中で嵐に遭いヨットのエンジントラブルに襲われました。このまま航海を継続しようと決断したものの、目的地までの航路から完全に外れ ...

捨てられた子犬の横にはメモ書きとピザが…発見者の投稿で新しい家族が見つかる
捨てられた子犬の横にはメモ書きとピザが…発見者の投稿で新しい家族が見つかる

ある日突然、男性宅の玄関先に犬が捨てられていました。まだ幼い顔をした子犬の横には、「私を引き取ってください」と書かれたメモ書きがありました。さらにどういう意味なのか、食べかけのピ ...

地面に届くほど大きな腫瘍を抱えた元飼い犬...保護されて無事除去手術に成功!
地面に届くほど大きな腫瘍を抱えた元飼い犬...保護されて無事除去手術に成功!

飼い犬が大きな腫瘍を抱えていたにもかかわらず、飼い主は一切治療を受けさせませんでした。挙句の果てに、シェルターに持ち込み「安楽死させてくれ」と犬を見捨てたのです。シェルターのスタ ...

ふるさと納税で動物の命を救う!寄附金で命をつなぐ動物愛護センターの取り組み
ふるさと納税で動物の命を救う!寄附金で命をつなぐ動物愛護センターの取り組み

定着した感のある「ふるさと納税」の寄附金によって、動物愛護センターに収容された犬猫たちの殺処分ゼロを目指すのは、愛知県名古屋市動物愛護センターです。2016年度に「目指せ殺処分ゼ ...

真夜中のグルーミング。歩けないほど汚れきった野良犬が保護されて可愛い姿を取り戻すまで
真夜中のグルーミング。歩けないほど汚れきった野良犬が保護されて可愛い姿を取り戻すまで

表情さえわからないほどに被毛が伸び、全身ノミだらけの野良犬が保護されました。保護した人物は、自分の代わりに誰か面倒をみてもらえないか、とSNSに投稿します。ペットサロンのオーナー ...

2つの鼻は個性の証...異なる容姿はこの世の奇跡だと語る里親に出会い幸せを得る
2つの鼻は個性の証...異なる容姿はこの世の奇跡だと語る里親に出会い幸せを得る

路上を彷徨っていた1匹の野良犬がシェルターに保護されました。しかし彼には2つの鼻があり、普通の容姿ではなかったのです。誰からも振り向かれることなく、安楽死のタイムリミットが迫る中 ...

【保護犬その後】かつて脚を切断され食肉にされかかった「チチ」の幸せな毎日
【保護犬その後】かつて脚を切断され食肉にされかかった「チチ」の幸せな毎日

2015年、韓国で食肉にされかかり、ゴミ袋から発見・保護された"チチ"を覚えていますか?チチの脚は骨まで見える状態で切断を余儀なくされました。その後、アリゾナ州の素敵な家族がチチ ...

61メートルの井戸に子犬が落下!救出したのは高校生が制作したロボットアームだった
61メートルの井戸に子犬が落下!救出したのは高校生が制作したロボットアームだった

真冬のトルコで子犬が深い井戸に落ちる事故が起きました。子犬を救出するために市や国が動いたものの、あまりの深さに救助活動は難航します。そこに現れたのが科学技術高校・ロボットチーム所 ...

犬食の是非は問えるのか?犬食禁止のインドの一部では毎年3万頭の犬が食べられていた
犬食の是非は問えるのか?犬食禁止のインドの一部では毎年3万頭の犬が食べられていた

アジア圏では韓国、中国、ベトナムなど犬食の習慣を持つ国が少なくありません。アメリカ北西部やスイスなどでも犬を食べる習慣が残っているようです。「日本人だってクジラやイルカ、馬を食べ ...

「みんなと遊びたい!」感染症で立てなかったグレートピレニーズの子犬がついに歩く
「みんなと遊びたい!」感染症で立てなかったグレートピレニーズの子犬がついに歩く

アメリカの動物管理局に保護された2匹の子犬。グレートピレニーズの兄妹はどちらも脚がカエルのように広がって立つことさえできませんでした。先天性のスイマー症候群と考えられていた2匹で ...

「待て」の指示は捨てられることを意味していた。飼い主を待ち続けた犬を想う怒りの手紙
「待て」の指示は捨てられることを意味していた。飼い主を待ち続けた犬を想う怒りの手紙

どんな理由があろうとも、絶対に犬を捨ててはいけないと痛感させる悲しい出来事が起きました。飼い主によって捨てられた犬は保護を拒み、その場に居続けようとします。それは紛れもなく飼い主 ...

【続報】血が出るほど尻尾を振り続ける、傷ついた保護犬に訪れたセカンドチャンス
【続報】血が出るほど尻尾を振り続ける、傷ついた保護犬に訪れたセカンドチャンス

2016年7月、アメリカ、マサチューセッツ州の路上で保護された犬の体は、信じられないほどに傷ついていました。動物保護団体のスタッフからたくさんの愛情を受けて、傷ついた尻尾から出血 ...

【徳島県】マダニ感染症が飼い犬からヒトに感染することが世界で初めて確認される
【徳島県】マダニ感染症が飼い犬からヒトに感染することが世界で初めて確認される

徳島県で愛犬がマダニ感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」にかかり、さらに飼い主にも感染していたことがわかりました。これは世界初の犬からヒトへの感染事例です。夏から秋にか ...

1 2 3 4 5 >>

Tsunayoshiでは、多様な犬種の情報もまとめているよ!

犬の飼い方が学べる情報サイト、Tsunayoshi [ツナヨシ] とは?

Tsunayoshi [ツナヨシ] は、犬との暮らしを楽しむ人のための、犬のしつけ病気食べ物グッズ、そして独自の犬種図鑑など、犬の飼い方が学べる情報サイトです。犬との毎日が豊かになるような、とっても役立つ情報がたくさん集まる犬メディアです。

また、犬との暮らしに役立つ情報の以外にも、「おもしろ」「かわいい」「感動」というテーマでは、エンタメ性の高いコンテンツも充実しています!ちょっとした隙間時間や就寝前にオススメです。あなたの犬好き度が倍増すること間違いなしですよ♪

考える」という独自のカテゴリーが存在するものTsunayoshi [ツナヨシ] の特徴です。このカテゴリーは、犬に関する社会問題や海外事情などをピックアップすることが多く、人と犬とが楽しく共生できる素敵な社会の実現のために、私たち愛犬家にできることを日々探求しています。