ロットワイラーの外見の特徴:威風堂々!逞しく引き締まった体が印象的

引用の出典元:www.shutterstock.com

ロットワイラーは大きく、黒く、筋骨隆々な見た目の特徴から「怖そう」という印象が強い犬種です。力の強さは間違いなく、実は優しい一面も持っているロットワイラーは、家族に対して頼もしい番犬のような存在になってくれます。

外見の特徴としては短く艶のある毛の下に、筋肉が透けて見え逞しさを感じさせます。

太ももの付け根の筋肉が非常に大きく、足全体は太いものの引き締まっています。首がとても太く、頭は体に対して小さめ。噛む力が強い強靭なあごと歯を持っています。

耳は小さな逆三角形のたれ耳で、尾は短く丸く断尾されています。断尾についてはヨーロッパを中心に、批判的な意見が強く、原産国のドイツをはじめ周辺国の北欧などではペット保護に関する協定により禁止されています。

平均体重はメスが37~45kg、オスが40~59kg。体高は58~69cm。

カラーは一種類で、黒地に赤茶色のマーキングが入ります。マーキングは足、口元、首元、目の上などが中心です。
被毛は皮膚にピッタリ沿うように寝ており、撫でると艶やかさを感じます。

ロットワイラーの歴史


ロットワイラーの原産国はドイツで、その歴史は1800年代前半から始まっています。

しかし、ロットワイラーの元となった祖先と考えられているのは古代ローマ時代にさかのぼり、ローマ軍の侵攻につき従って、荷を運ぶ牛をけん引していた犬だと言われています。他にもドイツの山岳地帯で牛追いの仕事をしたり、イノシシ猟で活躍していたともされています。

そして1800年代前半にロットワイルという町で犬種が確立され、牛などの家畜を護衛する仕事をしながら人と一緒に生活をしてきました。

1900年頃には一時絶滅の危機に陥りましたが、ロットワイラーの愛好家が犬種復活のために組織を編成し、スタンダードを公式化しました。そうして1910年にはドイツで警察犬として認められ、1930年頃にはアメリカで競技会にも参加できるようになりました。

今ではアメリカで非常に人気の高い犬種ですが、その攻撃性が問題にもなっており、ブリーディングが見直されています。

過去には、攻撃性や感情を激しく出しすぎる気質を抑えるために、スカンジナビアのブリーダーが尽力したという歴史もあります。

ロットワイラーの性格:外では勇敢、家では温厚で献身的

引用の出典元:www.shutterstock.com

ロットワイラーは護衛犬や警察犬としての気質を持っているため、力も気も強いことは確かですが家族や知っている人間に対しての攻撃性はそれほど高くないということがわかっています。

見知らぬ人間や、自分の家族に対して脅威をもたらすと判断した場合には強い警戒心を抱き、攻撃性を見せることもありますので、小さな頃からきちんとしつけ、トレーニングを行っておくことが大切です。

人なつこいタイプではありませんが、飼い主や可愛がってくれる人などに対しては温厚で優しい一面を見せます。警戒心を解けば、とても穏やかで従順な顔を見せてくれるはず。

大型犬の特徴とも言えますが、自信に満ちあふれており自分より弱いものに対してはあまり強く出ることをせず落ち着いた対応を見せます。

世界中で警察犬や盲導犬、救助犬などとして働いていることからもわかるように、飼い主に対して忠誠心を持って訓練にも望むのでしつけやすいタイプでもあります。

ロットワイラーの寿命はどれ位?


ロットワイラーの平均的な寿命は8~11年で、大型犬がゆえあまり長くないと言われています。

寿命はあくまで統計データ上のものなので、個体差もありますが、小型犬よりも早く年を取ってしまうということは事実です。年齢相応の生活習慣に常に変化させていくよう、心がけましょう。

ロットワイラーの気をつけるべき病気

引用の出典元:www.shutterstock.com

ロットワイラーがかかりやすい病気には、股関節形成不全や膝関節形成不全などの関節疾患があります。先天性の場合、体重が重くなり始める生後1歳頃には歩き方に違和感が出たりするので、気になる場合は関節の検査を受けるようにして下さい。

関節に負担がかかりすぎないように体重管理をしたり、床を滑りにくい状態にする工夫が必要です。

また、他の大型犬と同様に胃捻転にもなりやすいと言われています。最悪の場合数時間で死に至ってしまうものなので、予防措置として運動前後の食事は避け、一度に大量の水を飲ませないように気を付けましょう。

ロットワイラーの飼い方と向いている家庭


体が大きく、力が強い犬種のため、飼い方を事前にしっかり学んでおくとよいでしょう。

人に対する警戒心をできるだけ持たせないように、子犬時期からの社会化や服従訓練などのトレーニングが欠かせません。初めてロットワイラーを飼う場合には、なるべく訓練士やドッグトレーナーなどの専門家と相談しながら進めていくのがベストです。

ロットワイラーの警戒心の強さや防衛意識の高さから、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

家族に対して穏やかな性格を持っているとは言え、何かをきっかけに動物としての本能が目覚めてしまうことも考えうることです。その時の攻撃力や破壊力の強さはやはり相当のものです。

過去には家庭内や公園などで、人を巻き込んだ咬傷事故が起きているという事実もあります。小さな子供などとはできるだけ2人きりなどにはしないなど、ある程度の配慮や気遣いが必要かもしれません。

また、非常に体力のある犬種なのでたっぷりの運動が必要です。訓練要素のある知力を使ような遊びを行うと、より満足感が増してストレスが溜まりにくくなのでぜひ取り入れてみて下さい。

それから、暑さに弱い犬種のため暑い季節、湿気の多い季節には温度管理をしっかりとしてあげましょう。

赤ちゃんと遊んであげる心優しいロットワイラーの動画

引用の出典元:www.youtube.com

「家族」に対しては本当に心優しいロットワイラー♡

傍若無人な赤ちゃんにも、決して怒らずされるがままの姿が魅力的です!

ロットワイラーの魅力と特徴まとめ


ロットワイラーはいかつい見た目で怖そうな印象が強い犬種ですが、意外にも目は優しく可愛らしい顔をしています。

警戒心を強く持って有能な番犬としての役割もしっかりと果たしますが、慣れ親しんだ人に対しては穏やかで忠実な日本犬のような一面も垣間見せることも。

落ち着きの中にもさまざまな顔を見せてくれる魅力あふれる犬種なので、大型犬に慣れている人にとっては素晴らしい家族、相棒となってくれることでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ