ジャックラッセルテリアの外見の特徴:小柄ながら筋肉質で力強い体を持つ

引用の出典元:www.shutterstock.com

ジャックラッセルテリアの特徴として、非常に筋肉質でしなやかな身体つきをしていることが挙げられます。ピョンピョンと跳ねるように駆け回るその姿は「筋肉のかたまり」と言いたくなるほど。

小さな体ですが抱き上げると、他の小型犬種に比べ硬く締まっており、ずっしりと重みを感じることでしょう。

平均的な体重は4.5~8kg、体高は25~28cmとされています。

毛質は3種類。数mmから1cm程度の短毛である「スムース」、長毛でもじゃもじゃとした毛で覆われている「ラフ」、短毛と長毛が入り混じった「ブロークン」の3種類です。

カラーはホワイト&タン(茶)、トライカラー(ホワイト&タン&ブラック)、ホワイト&ブラック。希少なものとしてホワイトもいますが、日本ではほとんど見られません。

ショーなどで出品されるスタンダードとしては全体の51%以上が白でないといけないと決まっています。

色の入り方は本当にさまざまで、特に片目だけに色が入った「アイパンチ」は個性的でかわいいと最近人気を集めています。

ジャックラッセルテリアの歴史


ジャックラッセルテリアは1800年代前半にキツネ狩りで活躍していたフォックステリアを改良して作り出されたのがはじめだとされています。

その歴史のはじまりはホワイト&ブラックカラーの「トランプ」と名付けられた犬でイギリスのジョンラッセル牧師が飼っていたものとされています。

ちなみに、ジャックラッセルテリアとほぼ同じ特徴や気質を持つパーソンラッセルテリアという犬種がいます。違いはジャックラッセルテリアに比べてパーソンラッセルテリアは足が長く体高が高いとされています。
元は同じ犬種でしたが、それぞれの特性を残すために分けられるようになったそうです。

キツネの巣穴にもぐり込んで吠えかかり穴から追い出して狩りの手伝いするために作り出された犬種なので、体は小さくても底知れぬ体力を持ちスタミナ抜群です。

キツネ狩りだけでなく、より体高の低いもの(今のジャックラッセルテリア)は徐々にネズミ狩りも行うようになり、獲物を追い立てるだけでなく捕殺することも覚え、今でも本能的にその能力を持っていると言われています。

ジャックラッセルテリアの性格:好奇心旺盛で生涯わんぱくタイプ

引用の出典元:www.shutterstock.com

ジャックラッセルテリアの性格は非常に特徴的で、明るくやんちゃ、いたずら好きなわんぱく坊主のようだと表現されます。

好奇心旺盛で冒険好きなので気になったことは徹底的にやりつくすので、家を留守にしている間に家中が泥棒に入られたような状態になっていたという経験をした飼い主も少なくないのではないでしょうか。

体力はもちろんですが、知力も兼ね備えているため色々な遊びを考えだす才能も持っています。

やる気に満ちあふれた性格のため、ドッグスポーツなどにも向いているタイプでしょう。トレーニングなども興味を持って取り組んでくれます。

気が強い一面もあり、物おじせずに何に対しても向かっていくので「自分を大型犬だと思っている」と思っているなどと言われることもあります。

ただ、小さな動物や素早く動くものに対して強い反応性を持っていることがあり、猫などをどこまでも追いかけてしまって制止が効かなくなってしまうなどの困った一面も見られるのでしっかりとしたしつけも必要です。

ジャックラッセルテリアの寿命はどれくらい?


ジャックラッセルテリアの平均的な寿命は13~15歳程度。

ただし寿命は個体差が大きいので、あまり平均を気にする必要はありません。

ジャックラッセルテリアは年齢を重ねても、いつまでも活発で自分の体の衰えを考えずに飛び回ってしまいがちなので飼い主がしっかりと遊ぶ時間をコントロールしたり、体調管理をしてあげることが大切です。

ジャックラッセルテリアの気をつけるべき病気

引用の出典元:www.shutterstock.com

ジャックラッセルテリアは遺伝的な病気を抱えている場合が少ない犬種で、特に気をつけるべき病気はほとんど見受けられません。

命に関わる病気ではありませんが、皮膚疾患や膝蓋骨脱臼などはかかりやすい傾向にあるとも考えられてるので歩き方などが気になる場合は膝関節検査を受けるようにして下さい。

また、ブロークンコートやラフコートの場合無駄な毛を抜くスリッピングというお手入れが必要だとされています。むずかしいことではないので飼い主自身で行うこともできますが、心配な場合はトリミングに出してケアしてもらうようにしましょう。

余計な毛が残っていると皮膚トラブルに繋がりやすいので、こまめにブラッシングをするようにして下さい。

ジャックラッセルテリアの飼い方や向いている家庭


ジャックラッセルテリアは見た目は小さくかわいらしいのですが、他の小型犬とは少し違うと考えたほうがいいかもしれません。

馬にもついて回れるほどの体力を持つため、大型犬並みの運動量を必要とすると言われています。ストレス発散や本能を満たすためにもたっぷりの運動や頭を使った遊びが必要です。

運動量が足りずストレスがたまってくるといたずらが激しくなったり、気が立って攻撃性が高まったりトラブルの原因となってしまいがちなので、ドッグスポーツやアウトドアを一緒に楽しめるような活動的な家庭に最適です。

また、気が強い性格で小動物に対して捕殺本能が発揮されてしまう可能性を考えると、リスやハムスター、フェレットなどを飼っている家庭にはあまり向かないかもしれません。一緒に飼う場合には生活スペースをわけるなど配慮が必要です。

生後28日!ジャックラッセルテリアの子犬の超かわいい動画♡

引用の出典元:www.youtube.com

ジャックラッセルテリアの子犬はかわいすぎる!!!

そんな体勢で寝ちゃう!?コロコロ、むちむちで愛おしすぎる姿です♡

ジャックラッセルテリアの魅力や特徴まとめ


ジャックラッセルテリアは陽気で遊びが大好きな犬種です。ジャックラッセルテリアと愉快に楽しく過ごすには、多少のいたずらも笑ってやり過ごせるような寛大な気持ちを持つことがポイントかもしれません。

遊びもトレーニングも含めて、色々なことを犬と一緒に楽しみたいという人には最高のパートナーになってくれること間違いなしでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード