ジャーマンシェパードの外見の特徴:精悍で聡明、屈強な肉体を持つ大型犬

引用の出典元:www.flickr.com

ジャーマンシェパードの外見は、警察犬や護衛犬などとしても活躍するだけあって非常にたくましく力強さと活力にあふれている印象です。

まるで狼のような風貌だと言われることもありますが、実は狼とは血筋的にも全く違う系統で作出には関係がありません。

平均的な体重はメスが27~38kg、オスが33~43kg。体高はメスが55~60cm、オスが55~65cmです。

カラーは日本で見かけることの多いブラック&タン(茶)、ホワイト、ブラック、クリーム、イエロー、ソリッドグレーなどがあります。多くのカラーがありますが、ショーで認められているのはブラック&タン(茶)、ブラック&グレー、ソリッドグレーという国が大半です。

また、毛の長さについても以前はワイヤーヘアードやロングヘアードもいましたが、今ではほとんどの国でショートコートのみ認められています。ちなみにジャーマンシェパードは尾の部分の毛が一番長く密集しています。

体を横から見た時に、お尻の方が少し下がっているような格好になっており、後ろ足の飛節(膝裏に当たる部分)は直角以上に曲がっているのが常です。足は太く強靭な筋肉を持ち、瞬発力や跳躍力も高いと言われています。

頭部は細めで口吻がやや長く、アーモンド型の目と直立した耳を持ちます。鼻に向けてスッと流れるような顔つきは、ジャーマンシェパードの精悍で聡明な印象を高めます。

ジャーマンシェパードの歴史


ジャーマンシェパードは世界中で人気の高い犬種ですが、その歴史はそれほど長いものではありません。起源は1800年代とされ、原産国はその名前からもわかるようにドイツです。

警察犬や軍用犬としてのイメージが強いジャーマンシェパードですが、はじめは羊を集めて移動させたり群れを外敵から守る役割を担う牧羊犬として生まれました。「シェパード」という言葉自体に「羊飼い」という意味があり、ハーディングドッグとして仕事をしていたのです。

そんな中19世紀末に勇敢な気質を持ち、運動神経や知性の高い個体を中心に繁殖を進め、より優れた使役犬へと改良し、第一次世界大戦頃から軍用犬や見張り(番犬)として活躍したことから世界中に認知されるようになりました。

そうして爆発的に人気を集めたジャーマンシェパードは乱繁殖が行われ、神経質で恐怖心の強い個体や関節や腸、目に遺伝性疾患を抱える個体が数多く出てきてしまいました。

しかし人気が落ち着き、設立された「ジャーマン・シェパード・ドッグ協会」の尽力などもあり、本来の温和で聡明な従順性の高い個体が増え、警察犬や麻薬探知犬、災害救助犬、爆発物探知犬、盲導犬などさざまな場面で優秀に働き、愛玩犬として可愛がられる存在として愛されるようになりました。

ジャーマンシェパードの性格:賢く従順、仲間を守る番犬気質

引用の出典元:www.flickr.com

ジャーマンシェパードの性格は、意外にもシャイで温和です。どうしても外見や警察犬としての印象から「怖そう」「攻撃的」などと思われがちですが、気を許した仲間や家族の間では非常に穏やかで甘えん坊な一面もあります。

しかし見知らぬ人や家族に対して攻撃的な相手に対しては警戒心を強く持ち、常に観察を続けます。いざとなれば家族をすぐに守るために縄張り意識や警戒意識を強く持っているタイプです。

その性格ゆえ、見張り役や番犬としての役割は最適で幅広く活躍しているのです。

また、飼い主に対しての従順性が高く、指示を与えられると忠実に守って取り組もうとします。そのため一度信頼関係を結ぶと最高のパートナーとなってくれる犬種でしょう。

活動性が高いので走ったり遊んだりすることも大好きです。また、比較的猫など他の動物と仲良く出来るタイプでもあります。

ジャーマンシェパードの寿命はどれくらい?


ジャーマンシェパードの平均的な寿命は11~13歳程度。

寿命に関しては非常に個体差が大きいものなので、あまり気にしすぎる必要はありません。

ただし、寿命から見て今その子がどのライフステージにいるのかをしっかりと把握しておくことは大切です。それぞれのライフステージに合った食事や生活習慣を見直すようにしましょう。

ジャーマンシェパードの気をつけるべき病気

引用の出典元:www.flickr.com

ジャーマンシェパードがかかりやすい病気には関節炎や股関節形成不全などがあります。

これらは検査などで把握することもできるので、予防や軽減のためにも一度調べておくといいでしょう。疾患を抱えていない場合でも関節に負担をかけないように体重管理をしたり筋力をつけるように心がけましょう。

ジャーマンシェパードの特徴として、犬の中でも特に体臭が強い傾向にあります。

密集した下毛を持つので非常に抜け毛が多く、放置しておくと皮膚の状態を悪くしてしまい、よりニオイを強くしてしまうこともあります。膿皮症や皮膚疾患にもなりやすいので獣毛ブラシやピンブラシを使ってこまめにお手入れしつつ皮膚のチェックもしてあげましょう。

また、ジャーマンシェパードは胸が深い犬種ということもあり胃捻転を多く発症します。食事や運動後などに突然発症するもので、胃がねじれてショック状態となり、最悪の場合数時間のうちに死亡してしまうこともあります。

原因がはっきりとしていないため、予防も確実なものは明確にされていませんが、食べ物や水を一度にたくさん摂取したり、食後すぐに激しい運動をしたりすると発症しやすいと考えられているので注意しましょう。

病気ではありませんが、ジャーマンシェパードは繁殖にも特徴的なことがあり、一度に生む子犬の数が他の犬種に比べて多いと言われています。一度で10頭程度生まれることもあるとされています。

ジャーマンシェパードの飼い方や向いている家庭


ジャーマンシェパードの飼い方は、やはり訓練士やドッグトレーナーなど専門家に相談するのがベストです。

家庭犬として非常に信頼できる素晴らしい犬種ですが、力の強い大型犬であり、状況によっては強い攻撃性を見せることもあります。そのため、しっかりと信頼関係(主従関係)を築き、コミュニケーションをきちんと取れるようにしておかなければなりません。

また、運動量も多く必要とする犬種でもあるので散歩やトレーニングなどにある程度時間をさける家庭が向いているでしょう。散歩もただ歩くだけでは十分でなく、ボール投げやジョギングなど体も頭も使って能力を満たしてあげる必要があります。

子供や他の動物に対する攻撃性はそれほど高くないため、特別避ける必要はありませんが、しっかりと関係性を築くことができるよう大人がしっかりとフォローしてあげましょう。

愛くるしい姿は今だけ!?ジャーマンシェパードの子犬の動画

引用の出典元:www.youtube.com

精悍でかっこいいジャーマンシェパードも子犬の頃はこんなにコロコロしてかわいいんです♡

たくさんの子供たちを相手に、手加減しながら遊んであげるお母さん。微笑ましい光景です。

ジャーマンシェパードの魅力と特徴まとめ


ジャーマンシェパードは力強く勇猛果敢な大型犬ですが、家庭内ではとても愛情深く、強い信頼で結びつくことができる素晴らしい犬種です。

ジャーマンシェパードの体力や知力を満たしてあげられるスペースや時間を確保することは必須のため、誰にでも簡単におすすめできる犬種ではありませんが、一緒にトレーニングを行い少しずつ関係を深めていく過程も素晴らしいものだと思います。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード