ニューファンドランドの特徴

引用の出典元:www.tumblr.com

  • サイズ:超大型犬
  • 体高 :オス 71cm メス 66cm
  • 体重 :オス 68kg メス 54kg

ニューファンドランドは、巨大で豊かな筋肉を持つ超大型犬です。四肢は太く水かきのような膜があるのが特徴です。

ニューファンドランドの被毛はダブルコートの長毛です。オーバーコートは固くまっすぐで、水をはじくアンダーコートは、長時間の厳寒の海での作業にも耐えられるようになっています。

ブラックを伝統的な毛色とし、ホワイト&ブラック(ランドシーア)、ブラウン、グレーがあります。ランドシーアの毛色名は、天才動物画家といわれたランドシーアが、ニューファンドランドを好んで描いたことに由来しています


ニューファンドランドの歴史


  • 原産国:カナダ(ニューファンドランド島)
  • 用途 :重荷用のソリ犬、水難救助犬

ニューファンドランドは、犬種名の由来となった、カナダの東海岸にニューファンドランド島が原産です。夏は涼しいですがハリケーンによる大風や大雨にみまわれます。冬は氷点下になる厳寒の地で、ノースイースターと呼ばれる激しい嵐が島全体を吹き荒れます。

このように厳しい環境下で生息していた地犬を祖先犬として、ニューファンドランドは誕生します。

今から1000年ほど前、西ヨーロッパ沿岸部を拠点としたヴァイキングが、北アメリカ大陸のニューファンドランド島にまで勢力を伸ばしてきました。同船させたグレートピレニーズやマスティフやレトリーバーと交配して誕生した、という説があります。

ハスキー犬の血も入っているのでは、という説もあり、未だにニューファンドランドが誕生した経緯の詳細はわかっていません。

ニューファンドランド島は、世界屈指の好漁場としても名高く、水中回収犬として猟師の仕事を助けたり、海で遭難した猟師を救ったりと、ニューファンドランドの特徴が存分に活かされ、人間の生活に密着して暮らしていました。

18世紀以降、優れた能力が着目され、ヨーロッパに数頭のニューファンドランドが持ち込まれ、飼育数も増えていきます。

1815年、かの有名なナポレオンが追放先のエルバ島からの脱出を試みます。しかし荒海にもまれ船から投げ出され、危うく溺れかけてしまいます。

その時、登場したのが猟師が飼っていたニューファンドランドでした。勇猛果敢に海に飛び込み、ナポレオンの命を救助したのです。まさに歴史を変えた犬となりました。

19世紀になると、地元ニューファンドランド島では、島からの犬の輸出が禁止され、飼育頭数の制限が行われたせいで、飼育頭数が激減しまう危機がありました。しかしそれ以前にヨーロッパで増えていたニューファンドランドがいたおかげで、絶滅は免れた歴史を持っています。

その後は、アメリカでも多く飼育されるようになります。第二次世界大戦後、イギリスのニューファンドランドで頭数が激減した折には、アメリカから輸入するなどして、何度も危機を乗り越えてきました。

現在、ニューファンドランドは多くの国で飼育され、大型犬種の中で、常に人気上位になるほど愛される犬種となりました。

日本でも愛好家は多く、2014年度ジャパンケネルクラブのニューファンドランドの登録頭数は、138犬種中、54位で137頭です。

ニューファンドランドの性格

引用の出典元:www.vetstreet.com

ニューファンドランドの性格は温厚で、友好的な性格の犬種です。犬や見知らぬ人にも心を許すような、大らかで優しい性格です。

攻撃性や無駄吠えはないのですが、飼い主家族が危険な状況だと判断した際には、必死に家族を助けるような頼もしい性格です。

ニューファンドランドは、体は大きいですが、いつも家族といたい甘えん坊です。

ニューファンドランドの性格まとめ


  • 温厚
  • 友好的
  • 優しい
  • 甘えん坊

ニューファンドランドの平均寿命と気をつけたい病気


ニューファンドランドの平均寿命は8~10年程度と考えられています。

ニューファンドランドがかかりやすい先天的な病気として、まれに股関節形成不全がみられます。成長スピードが速いので、肢をひきずるような気配があれば、早めに診察を受けましょう。

気をつけたい病気としては、大型犬に多い心臓疾患や胃捻転があります。太らせ過ぎに注意し、ドカ食いを避け、複数回に分けて与える、食後の散歩はさせない、などの工夫が必要です。

目疾患にかかりやすい犬種ですので、頭を前肢でこすったり、まばたきが頻繁だったり、涙が多い時は、目疾患を疑いましょう。

ニューファンドランドの飼い方

引用の出典元:www.russiandog.net

ニューファンドランド番犬としての性格は持っていないので、いつも飼い主と一緒にいたがります。できれば室内飼育が理想的です。大きな体ですから、できれば一戸建てが良いのですが、マンションの場合は、老後を考えて1階に住むことをお勧めしておきます。

一度でも大型犬を飼育したことがある方には、とても容易に飼育できますが、初めて犬を飼う方は、大型犬の扱いについてしっかりと学んでおくことが大切です。

極寒の地で誕生した経緯から、寒さには強いですが、夏の暑さや日本の湿度は苦手です。エアコンを利用して温度管理をし、夏場は水浴びや水泳をさせると喜びます。

ニューファンドランドは、実は、よだれがとても多い犬種です。気が付くと部屋中によだれが落ちていますので、始終掃除することになるのは覚悟しましょう。

しつけを良く理解して実行する犬種ですので、比較的ラクにしつけは入ります。少々依存心が強い面をみせることがありますので、自信がつくように褒めて育てます。

ニューファンドランドは、想像通り豊富な運動量が必要です。散歩は、1日1時間程度を2回行います。ニューファンドランドは、激しい運動は必要ありませんので、ゆっくりとした歩調の引き運動を行いましょう。

被毛の手入れは時間がかかります。長めのオーバーコートは粗めのコームでとかします。アンダーコートは放っておくと、カチカチに固まってしまいますので、まめにコーミングとブラッシングを行いましょう。

さすがニューファンドランド!8ヶ月でこの大きさ

引用の出典元:www.youtube.com

わずか8ヶ月のニューファンドランドですが、こんなに大きくなるんです。

子供達と一緒に嬉しそうにホットタブで泳いでいますね~。ニューファンドランドにはちょっと狭いぐらいですね!

自宅にプールやタブがある環境、最高です!日本なら、犬のスイミングスクールでたくさん泳がしてあげたいですね!

ニューファンドランドと水辺にGO!


ニューファンドランドは、とにかく泳ぐことが大好きな犬種です。機会を作ってプールに通うのがおススメです。川や海など水辺での遊びをたくさん取り入れてあげましょう。

飼い主への忠誠心も高く、甘えん坊です。番犬としてではなく、大きな子供がやって来た!という感覚で暮らすのが一番です。

車で一緒に移動することも多いと思います。車内で安全に過ごせるよう、子犬の頃からクレートやケージに慣らしておくと、どこにでも一緒に連れていけるようになりますのでおススメです。

超大型犬ですが、他の犬にも優しくて、ドッグランやドッグカフェではいつも人気者ですよ♪ニューファンドランドと一緒にたくさん思い出を作って下さいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード