1.うちの犬はインドア派?!散歩に連れていかない

引用の出典元:shutterstock.com

犬の中には本気で散歩が嫌いで外を歩かない犬もいます。なぜなら外が怖いのです。

散歩に行く時に歩かないわけではないけれど尻尾が下がって後ろ足の間に入ってしまっていたら、無理に散歩をさせることでもっと犬にストレスを与えてしまいます。

それでも散歩に連れていって運動をさせてやりたいのが飼い主心です。

その場合には散歩の時間を短めにしてあげましょう。

インドア派な犬をアクティブ犬と同じように長時間の散歩に連れていく必要はありません。

2.甘やかしていませんか?!散歩中の抱っこをやめる

引用の出典元:shutterstock.com

歩かない犬を抱っこして散歩させている飼い主さん、これでは犬の散歩ではなく「飼い主さんの散歩」になってしまいます。

犬は散歩で抱っこしてもらえることを分かっているので歩かないのです。

抱っこされ馴れている犬は決して散歩が嫌いなわけではありません。

「散歩中は抱っこしてくれるから歩かないよ」と飼い主さんを上から目線で見ているのです。

散歩に出た途端に歩かない抱っこ馴れした飼い犬には、まずは抱っこをやめましょう。

飼い主さんがハッキリと「散歩中の抱っこ拒否」の姿勢を見せることで歩かない犬も重い腰を上げるのです。

3.家の中で散歩シュミレーションをしてみよう

引用の出典元:shutterstock.com

散歩に出ると歩かない犬は、飼い主さんにリードで引かれていることが嫌いな可能性もあります。

散歩は大好きだけれどリードを見ると嫌がる犬を見たことはありませんか?!

こんなリード嫌いな犬には家の中で散歩シュミレーションをしてリードに慣れさせてあげましょう。

家の中でリードを加えさせたり引っ張り合いっこしたり、またリードを実際につけて引っ張らずに一緒に遊んだりすることで少しずつリード馴れし、散歩で歩かないなんてことが徐々に減ってくるのです。

4.犬の心理を逆手に取る?!散歩で歩かないなら「待て」をさせよう

引用の出典元:shutterstock.com

散歩で歩かない犬を無理やり引きずるともっと散歩嫌いになってしまいます。

「散歩で歩きたくない」犬の心理を逆手にとって、散歩中に「待て」の指示を出しましょう。

歩かない犬でも「待て」と言われたら体が「待て」の体制に入ります。

「よし!」で「待て」を解除すると犬の体の筋肉が和らぎ少し前に進むようになります。これを根気よく散歩中に繰り返しましょう。

犬もいいかげんに「歩きたい!」という気持ちが芽生え散歩で歩かないなんてことが徐々に減ってくるのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ